Google Meetの未来とビジョンそしてロードマップについて


The Future of Meetings in G Suite: Vision and Roadmap

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

今年はオンラインで開催されております、Google Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」のレポートをシリーズでお伝えしております。

前回の記事はこちら。

未来のワークスペースのためのG Suiteのビジョン
Google Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」のレポートをシリーズでお伝えしています。今回は、G Suiteのソリューションキーノート「Helpful and human: G Suite’s vision for your future workspace」のレポートをお送りします。

G SuiteのソリューションキーノートからG Suite全体のテーマや方向性についてレポートをしました。

今回は、Google Meetに特化したブレークアウトセッション「The Future of Meetings in G Suite: Vision and Roadmap」から、G Suiteのミーティングの未来とビジョン、ロードマップについてお伝えします。

Google Cloud Next ’21 — Register now!
Bringing the best of Google Cloud technology to you, October 12-14, 2021.

では、行ってみましょう!

「働く」の新しい通常がやってくる

まず、最初にプロダクトマネジメントディレクターのSmita Hashimさんから、「Navigating the new normal」という話題です。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、「通常」が変化したということですね。

セッションによると、在宅勤務をする人々の数は劇的に増えていて、もともとは13%だったものが、47%に増加したそうです。

日本でも、そこまでの増加はないにしても、かなり増加しましたよね。

その影響を最も受けたといっていいサービスが「ビデオ通話ツール」といっても過言ではないでしょう。

Google Meetは、この状況下で以下のような成長を遂げました。

  • 1日あたり5700年分の会議が行われている
  • 1月と比較して7月時点で、毎日の使用量が30倍に増加した
  • 毎日、300万人以上の新規ユーザーが利用している

新型コロナの収束は願いつつも、今後のリスクを鑑みると、リモートワーカーが増え、ビデオ通話が増えるというのは自然な流れのように思えます。

Google Meetの最新機能とロードマップ

その流れを受けて、Google MeetはGoogle Cloudの中でも優先的に力を入れるプロダクトということになります。

Google Meetの最新機能とロードマップについて、グループプロダクトマネージャーのGreg Funkさんから発表がありました。

導入されたばかりの機能

最新の機能としては、以下の機能が挙げられます。

  • AI-based enhanced noise cancellation: AIによるノイズキャンセレーション
  • Meet in Gmail: GmailからのMeetの起動
  • Present high-quality video & audio: 高品質のビデオ、オーディオ
  • Tiled layouts: タイルレウアウト
  • Improved presentation layouts: プレゼンテーションレイアウトの改善
  • Low-light mode (launched on iOS): ローライトモード

現在β版として提供されている機能

いずれも、Google Meet Hardwareに関する機能ですが、以下の機能がβ版として提供されています。

  • Google Assistant in Meet
  • Google Meet Hardware Starter Kit

今後導入される機能

今後導入予定として発表された機能は、非常に魅力的です。以下の機能が挙げられます。

  • Meeting attendance: 参加者
  • Hand raising: 挙手
  • Breakout rooms: ブレイクアウトルーム
  • Q&A
  • Polling: 投票
  • Meet on Nest Hub Max
  • Background Blur: 背景ぼかし
  • Background Replace: 仮想背景

参加者、ブレイクアウトルーム、仮想背景などはZoomなどのツールに比べて遅れをとっている部分ですし、Q&Aや投票などはGoogleならではの実装が期待できる部分でもあるでしょう。

できる限り早く導入してほしいものですね。

未来のチームワーク

さて、再度Smita Hashimさんにスイッチして、Meetを中心とした未来のチームワークについてのお話です。

G Suiteの他のツールとの連携でいうと、以下のような機能が予定されています。

  • new home for work
  • Quickly connect over voice and video: すばやいビデオまたは音声への接続
  • Seamlessly move between channels: チャンネル間のシームレスな移動
  • Meet in the context of a conversation: Chat中の会話でMeetを起動する
  • Collaborative brainstorming sessions (Jamboard): Meet中にJamboardによるブレインストーミング
  • Easily present documents to meetings: Meetでの会議中にドキュメントを表示する
  • Jump into a meeting while collaborating on a document: ドキュメントの作業中にMeetでの会議を開始する

いずれもかなり強力なのですが、総じて「シームレス」がテーマになっているのは間違いありません。

「home for work」を手はじめに、Meet、Chatそして他のツールとの移動をいかにシームレスにするか、それに注力しているかがうかがえます。

まとめ

以上、「The Future of Meetings in G Suite: Vision and Roadmap」から、Google Meetを中心としたG Suiteのミーティングの未来とビジョン、ロードマップについてレポートをしました。

GoogleがMeetにかなり注力していることがうかがえます。

一方で、どんどん機能追加をして、ぜひZoomなどのライバルに機能面で追いついてほしいですね。

そして、そこから先、Googleならではの展開を期待しています。

次回は、G Suite Developer Platformについてお伝えします。

G Suite Developer Platformの主要なコンポーネントと今後のロードマップ
Google Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」のレポートをシリーズでお伝えしています。今回は、G Suite Developer Platformの主要なコンポーネントと今後のロードマップについてです。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプログラマーのための「Google Cloud Next '20: OnAiro」まとめ

2020/07~09にかけて開催されたGoogle Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next 2020: OnAir」。その中から、ノンプログラマー向けにおすすめ情報をレポートしていきます。
  1. Google Cloud Next ’20: OnAirとそのノンプログラマー的な楽しみ方
  2. 未来のワークスペースのためのG Suiteのビジョン
  3. Google Meetの未来とビジョンそしてロードマップについて
  4. G Suite Developer Platformの主要なコンポーネントと今後のロードマップ
  5. AppSheetを使ったノーコードアプリで生産性を高める方法
  6. G Suite全体に組み込まれている数々のAI機能についてたっぷり紹介します
  7. G SuiteをMicrosoft Officeや他のアプリケーションと一緒にうまく使う方法
  8. どこからでもチームワークが可能となるG Suiteのコラボレーションとそのビジョン
  9. G SuiteのGmail、Chat、Meetなどによるコミュニケーションとその未来
  10. G Suite Essentials~チームがどこからでも安全に共同作業を行うための最も簡単な方法
  11. Google Apps Scriptのエディタが刷新…新IDEが登場します!
  12. Google CloudのBusiness Application Platformとは、その全貌について
  13. AppSheetに組み込まれているAI/ML機能と今後のアップデートについて
  14. AppSheetを用いてデスクレスワーカーの仕事をデジタル化する方法

タイトルとURLをコピーしました