はじめてのCloud SQLをデータベースとしたApp Makerアプリを公開する方法


deploy

photo credit: wyoguard 190730-Z-QG327-1116 via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&それによるApp Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

App Makerがなぜ簡単にアプリを開発できるのか、その秘密を紐解く
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回はApp Makerがなぜ簡単にアプリを開発できるのか、その秘密を紐解いていきます。

App Makerがドラッグ&ドロップだけでどうしてアプリを作れるのか、その秘密について解説しました。

さて、今回はいよいよアプリを「公開」していきますよ。

はじめてのCloud SQLをデータベースとしたApp Makerアプリを公開する方法です。

では、行ってみましょう!

App Makerアプリを公開する

では、さっそくApp Makerで作成したアプリを公開していきましょう。

ちなみに、公開するアプリは前回までに作ったやつなので、まだの方はぜひシリーズをさらって作成してみてください。

App Maker右上の「PUBLISH」ボタンをクリックすると、「App settings」の「DEPLOYMENTS」タブの画面が開きます。

「DEPLOYMENT」というのは「配備」とか「展開」って意味ですね。

その画面中央の、いかにも押して欲しそうな「PUBLISH NEW DEPLOYMENT」をクリックします。

App Makerの新しいDEPLOYMENTを公開する
「Publish new deployment」という画面が開き、いろいろと設定できそうな雰囲気です。

ここで設定するのは、Deployment nameだけですね。

Enter a name that helps you identify different deployments. For example, “test” or “production”. The deployment name can’t be changed after you create the deployment.

さまざまな展開を識別するのに役立つ名前を入力します。たとえば、「test」または「production」。展開を作成した後、展開名を変更することはできません。

今回はテスト用のアプリなので「Test」として「PUBLISH」します。

App Makerでアプリの新しいDeploymentを公開する

もし本番用であれば「Prod」などとすれば良さそうです。

あと、一応チェックしておきたいのが「Google Cloud SQL Address」の項目ですね。

デフォルトでは

  • Use Default Domain Cloud SQL database

が選択されています。つまり「デフォルトのドメインCloud SQLデータベースを使用する」ということです。

小さい説明書きで以下のようにあります。

Note this will create a new Database for each deployment

これにより、展開ごとに新しいデータベースが作成されます。

つまり、これまでプレビューでいくつかのデータを投入したのですが、それとは別の公開用のデータベースがCloud SQLに作成されるということ、本番公開したら改めてデータを再投入する必要があるということですね。

App Makerアプリ公開の認証をする

次に「Deploying this application requires authorization」というダイアログが開きます。

つまり、このアプリケーションをデプロイするには認証が必要ということですね。

これもプレビューのときにやった作業ですが、公開の際には別途必要になります。

ということで「AUTHORIZE」をクリックして進めます。

App Makerのアプリをデプロイする際の認証

アカウントを選択して…

App Makerの認証のためにアカウントを選択

「Allow」をクリックします。

App Makerのアプリの公開の認証をする

もう一回アカウントを選択して…

App Makerの認証でアカウントを選択

「許可」をクリックします。

App Makerのアプリ公開で許可をクリックする

公開したアプリのURLにアクセスする

これで、公開が完了しました。

「App settings」の「Deployments」タブの画面に戻ると、以下のようにURLが発行されます。

これが「Deployment URL」です。

この公開用のDeployment URLにアクセスすることでアプリを開くことができます。

このURLを利用者に配布してアクセスしていただければOKということですね。

「コピー」アイコンからURLをクリップボードにコピーできます。

App MakerのDeployment URLの発行

Deployment URLにアクセスしてみましょう。

公開したApp Makerアプリ

おや…?

プレビューのときにあった、ページ切り替えのプルダウンがなく、何もできない…

そうなんです。

ページ切り替えのプルダウンはプレビュー専用の機能なので、本番アプリに必要であれば別途搭載する必要があるんですね。

この課題は次回以降で解決していきます。

まとめ

以上、はじめてのCloud SQLをデータベースとしたApp Makerアプリを公開する方法をお伝えしました。

実際には、もう少しアプリを作りこむ必要がありましたね。

次回以降、ヘッダー&ナビゲーションメニューを追加していきたいと思います。

App Makerで使い回しパーツを作るPage Fragmentを作成するはじめの一歩
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてお伝えしています。今回は、App Makerで使い回しパーツを作るPage Fragmentを作成するはじめの一歩です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:Cloud SQL&App Makerアプリ開発のはじめかた

App Makerを使うならデータベースはGCPのCloud SQLが第一の選択肢になりました。そこで、ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&それによるApp Makerアプリの作り方を易しく丁寧にお伝えしていきます。
  1. はじめてのCloud SQLによるApp Makerアプリ開発、その概要と経緯と道筋
  2. Google Cloud Platform(GCP)に無料トライアル登録をする方法
  3. G Suite管理コンソールからApp Makerのデータベース設定を行う方法
  4. ノンプログラマー向けApp Maker用のCloud SQLのインスタンスを作成する方法
  5. App Makerのデータベースとして作成したCloud SQLのインスタンスを設定する方法
  6. App MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法
  7. App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法
  8. App MakerでCloud SQLデータベースにデータ追加するフォーム作成する方法
  9. App Makerがなぜ簡単にアプリを開発できるのか、その秘密を紐解く
  10. はじめてのCloud SQLをデータベースとしたApp Makerアプリを公開する方法
  11. App Makerで使い回しパーツを作るPage Fragmentを作成するはじめの一歩
  12. App MakerでPage Fragmentによるヘッダーを各ページに配置する手順
  13. App MakerのPopupページでナビゲーションメニューを作成する方法
  14. App Makerでアプリを再公開して修正内容を反映する手順
  15. App Makerでテストアプリを作成したらCloud SQLはいくらの課金が発生するのか?

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました