App Makerでフォームからデータベースとしてのスプレッドシートを更新する方法


cells

photo credit: andrey.pehota via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

App Makerでスプレッドシートをデータベースにしたアプリの作り方をお伝えしています。

前回の記事はこちらです。

App Makerでフォーム上のデータを取得してサーバースクリプトに渡す方法
App Makerでスプレッドシートをデータベースにしたアプリの作り方をお伝えしています。今回は、App Makerでフォーム上のLabelやTextBoxのデータを取得してサーバースクリプトに渡す方法です。

App Makerのフォームのデータをサーバースクリプトに渡す方法をお伝えしました。

あとは、そのサーバースクリプト内でスプレッドシートを操作して更新すれば…

ということで、App Makerでフォームからデータベースとしてのスプレッドシートを更新する方法です。

では、行ってみましょう!

前回までのおさらい

まず、App Makerのデータベースとして使用するスプレッドシートがこちらです。

スプレッドシートの従業員データ

これらのデータをApp Makerの元データとして反映するしつつ、App Makerのフォームから更新作業を行えるようにしたいわけですね。

スプレッドシートの操作なので、それはサーバースクリプトで行いますね。

こちらの関数setRecordです。

指定のスプレッドシートを開いて、その一番左のシートのデータについて、row番目のレコードを変数valuesで受け取った配列の値に書き換えるというものです。

そして、クライアント側のスクリプトがこちらです。

関数formatDateは、Date型をString型に変換するための関数です。

関数updateRecordは、フォームに現在表示されているテキストボックスの内容を配列化して、その行番号とともに、サーバースクリプトの関数setRecordを呼び出して渡すというものです。

あとは、この関数updateRecordを起動するだけですね…!

ボタンクリックでスクリプトを呼び出しデータソースを更新する

では、ボタンクリックでクライアントスクリプトを呼び出すように設定していきましょう。

ボタンにonClickイベントを設定する

ButtonウィジェットにonClickイベントを設定すればよかったですね。

まず、フォームの「UPDATE」ボタンを選択し、右側に表示されたプロパティエディタの「onClick」イベントを設定します。

当初は「None」とありますので、そこをクリックするとスクリプトを入力できるようになります。

010 App Makerでボタンにクリックイベントを設定する

以下のスクリプトを入力し、「DONE」をクリックすればOKです。

スクリプトの1行目は、クライアントスクリプトの関数updateRecordを呼び出すというものですね。

その先、サーバースクリプトが呼び出されて、スプレッドシートが更新されるはずです。

データソースを再読み込みする

ただ、これだけではうまくいかない点があります。

ほら、フォームの入力値をそのままスプレッドシートへ送っているだけですので、スプレッドシートのデータは更新されるのですが、App Makerのデータソースが更新されないのです。

ですから、App Makerのデータソースをリロードする処理が必要です。

ですから、クライアントスクリプトの処理を以下のように変更します。どこが変更されたかわかりますか?

まず、関数updateRecordのほうですが、9行目。

google.script.runオブジェクトにwithSuccessHandlerメソッドを追加しています。

つまり、サーバー側のスクリプトが成功したら、その引数に指定している関数「loadDatasouce」を実行するのです。

それで、その関数loadDatasouceは、現在のアプリケーションのデータソースを読み込むというものです。

では、そのステートメントを解説していきましょう。

まず、Appオブジェクトのdatasourcesプロパティを使用して、現在のアプリケーションのデータソースの集合を取得します。

app.datasources

データソースは複数ある可能性がありますので、その集合をPropertyMapオブジェクトとして取得します。

PropertyMapオブジェクトはオブジェクト名で要素を取得できましたので

ここまでで、DataSourceオブジェクトEmployeeDataを取得できるわけです。

最後、以下のloadメソッドで、データソースの読み込みを行うというわけですね。

DataSourceオブジェクト.load()

App Makerからスプレッドシートの更新を確認する

では、App Makerからスプレッドシートを更新する動作確認をしていきましょう。

PREVIEW画面を開いて、フォームにいろいろと入力して「UPDATE」ボタンをクリックします。

App Makerのフォームでデータを入力してデータを更新する
各フィールドの値は以下の通りとしました。

  • Index: 2
  • Name: Tim
  • Email: tim@example.com
  • HireDate: 2019-02-08
  • Active: False

スプレッドシートを確認すると、以下のように更新できていることが確認できます。

App Makerのフォームボタンからスプレッドシートを更新した

まとめ

以上、App Makerでフォームからデータベースとしてのスプレッドシートを更新する方法をお伝えしました。

これで、ようやく目的は達成ですね。

ここまで少し長かったですが、App Makerの全体感とモデル、ページ、ウィジェット、クライアントスクリプト、サーバースクリプトといった各部の役割をだいたい理解できたのではないでしょうか。

次回は、さらに進めて、データの削除ができるようにしていきたいと思います。

App Makerで確認用のポップアップダイアログを作成する方法
App Makerでスプレッドシートをデータベースにしたアプリの作り方をお伝えしています。今回はApp Makerで確認用のポップアップダイアログを作成してボタン操作により表示する方法です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:App Makerでスプレッドシートをデータベースとして使う

Googleが提供する社内アプリケーションを簡単に構築できるプラットフォームApp Maker。このシリーズでは、スプレッドシートをデータベースとして簡単なアプリケーションを作る方法をお伝えします。
  1. App Makerでスプレッドシートをベースにモデルを作成する方法
  2. App Makerでクエリスクリプトでスプレッドシートのデータを取得する方法
  3. App Makerでスプレッドシートからデータを取得するクエリスクリプトを丁寧に解説
  4. App Makerで新しいページとフォームウィジェットを配置する方法
  5. App Makerでテーブル行をクリックしたらフォームを表示するイベントを設定する方法
  6. App Makerでボタンウィジェットを設置してクリックで動作させる方法
  7. App Makerでボタンクリックで独自のスクリプトを動作させる方法
  8. App Makerでクライアントスクリプトからサーバースクリプトを呼び出す方法
  9. App Makerのボタンクリックでスプレッドシートにアクセスする方法
  10. App MakerでフォームウィジェットでLabelウィジェットを入力可能なウィジェットに差し替える
  11. App Makerでフォーム上のデータを取得してサーバースクリプトに渡す方法
  12. App Makerでフォームからデータベースとしてのスプレッドシートを更新する方法
  13. App Makerで確認用のポップアップダイアログを作成する方法
  14. App Makerでポップアップダイアログの表示の変更とバインディング式について
  15. App Makerでポップアップのボタンクリックによるイベントを設定する
  16. App Makerでポップアップダイアログのボタンで動作するレコード削除のスクリプト
  17. App Makerでデータ追加用のポップアップを作成してその表示の動作確認をする
  18. App Makerでデータベースにレコードを追加するスクリプトを作成する

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました