App Makerでメール送信するアプリを作成する最初の手順


semd-email

photo credit: Yutaka Seki You’ve sent mail! via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

初心者向けApp Makerのチュートリアルについてお伝えしています。

前回の記事はこちら。

App Makerで外部CSSファイルでスタイルを設定する方法と適用の優先順位
初心者向けのApp Makerチュートリアルをお送りしています。今回はApp Makerでcssファイルをアップロードしてスタイルを設定する方法と、スタイル適用の優先順位についてお伝えしていきます。

アプリのスタイルを外部CSSファイルで設定する方法をお伝えしました。

今回からのシリーズでは、ガラリとテーマを変えて「スクリプト」がメインテーマです。

メール送信アプリを題材に、クライアントサイドとサーバーサイドのスクリプトの両方を使ったアプリの作成方法についてお伝えしていきます。

今回は、ベースとなるメール送信アプリの外側とButtonウィジェットのonClickイベントのスクリプトの作成までを進めます。

では、App Makerでメール送信アプリを作成する最初の手順、行ってみましょう!

メール送信アプリを作成する

まず、今回題材とするアプリはHTML メールを送信することができる「メール送信」アプリでクライアントスクリプトとサーバースクリプトの両方を使用します。

新規アプリの作成

まず、以下の手順でアプリの作成まで進めましょう。

  1. App Makerを開く
  2. 「Create new App」をクリック
  3. アプリ名を「メール送信」に変更する

App Makerで新規アプり「メール送信」を作成

Text BoxウィジェットとText Editorウィジェットの配置

次に、ページ「New Page」を「Email」にリネームします。

そして、メールの送信先、件名、本文を入力するためのText BoxウィジェットとText Editorウィジェットを追加していきます。

Widgetsアイコンをクリックして、各ウィジェットをドラッグ&ドロップですね。

追加するウィジェットは3つで、ウィジェット名を表すnameプロパティと、表示内容を表すlabelプロパティを以下のように設定します。

ウィジェット nameプロパティ labelプロパティ 説明
Text Box To To: 送信先メールアドレスを入力する
Text Box Subject 件名: 件名を入力する
Text Editor Msg 本文を入力する

App MakerでText BoxとText Editorを配置する

ButtonウィジェットとLabelウィジェットの配置

続いて、Buttonウィジェットを追加します。

ダブルクリックをしてテキストを「SEND EMAIL」に変更します。

App MakerでButtonウィジェットを配置する

このボタンはその名の通り、「メール送信」ボタンになりますので、後ほどスクリプトを仕込むことになります。

また、続いてもうひとつのButtonウィジェットと、Labelウィジェットを設置します。

App MakerでButtonとLabelを配置する

Buttonウィジェットはダブルクリックで表示テキストを「CREAR EMAIL FORM」に変更をします。

このボタンは各入力用のウィジェットの内容をクリアするためのボタンです。

さらに、Labelウィジェットについては、プロパティエディタでnameプロパティを「EmailStatus」に、textプロパティを空欄にしておきます。

Labelウィジェットはアプリのステータスを表示するためのものです。

これで、ようやく「外側」の準備は完了です。

メール送信ボタンのonClickイベントのスクリプト

次に、それぞれのButtonウィジェットを押したとき、つまりonClickイベントにより動作するスクリプトを追加していきます。

まず、メール送信ボタン「SEND EMAIL」にスクリプトを仕込みます。

Buttonを選択した状態で、右サイドバーのプロパティエディタのonClick欄をクリックします。

すると、ドロップダウンリストが開くので、中から「Custom Action」を選択します。

それにより、スクリプト入力欄が表示されるので、そこに以下のコードを入力し、「DONE」をクリックです。

App MakerでonClickイベントのスクリプトを入力する

現在のページのウィジェットコレクション

前述のスクリプトを解説していきます。

まず、widgetですが、これは現在のウィジェットつまり「SEND EMAIL」のButtonウィジェットを表します。

その一つ上の親ウィジェットを取得するのがparentプロパティです。

Buttonウィジェット.parent

この場合、Buttonウィジェットの親ウィジェットはページ「Email」で、LayoutWidgetウィジェットになります。

さらにその子ウィジェットのコレクションをdescendantsプロパティで取得しているということになります。

LayoutWidgetウィジェット.descendants

つまり、以下の一文により、変数widgetsにページ「Email」のウィジェットがコレクションとして格納されたということになります。

なお、ここで取得できるコレクションはプロパティマップ(PropertyMap)というタイプのものになります。

プロパティマップからのウィジェットの取得

プロパティマップに含まれるウィジェットは、nameプロパティを使って以下のようにすれば取得することができます。

プロパティマップ.nameプロパティ

ですから、以下の一連のコードで各ウィジェットを変数に格納しているということになります。

続く、以下のステートメントは、Labelウィジェット「EmailStatus」の表示テキストを「Sending email…」に変更をするというものです。

プロパティマップについては以下記事でも触れていますので、ご参考ください。

https://tonari-it.com/app-maker-alert-script/

関数の呼び出し

そして、以下一文で関数「sendMessage」を呼び出しています。

渡す引数は以下の3つです。

  • to:送信先メールアドレス
  • subject:件名
  • msg:メッセージ本文

この関数を記述する場所は別にありまして、次回以降の記事で紹介します。

フォームクリアボタンonClickイベントのスクリプト

続いて、フォームクリアボタン「CLEAR EMAIL FORM」にスクリプトを仕込みます。

手順は先ほどと一緒で、入力するスクリプトは以下の通りです。

こちらは引数なしで関数「clearEmailForm」を呼び出すというものですね。この関数も別の場所に記述することになります。

まとめ

アプリの制作はまだ途中ですが今回はひとまずここまでとします。

App Makerでメール送信アプリを作成する手順として

  • 新規アプリを作成
  • ページ名をリネーム
  • 各ウィジェットの設置
  • ButtonウィジェットへのonClickイベントのスクリプト

というところまで進めました。

次回、クライアントサイドのスクリプトについて、その入力方法と内容の解説をしていきたいと思います。

App Makerのスクリプトエディタにクライアントスクリプトを入力する
初心者向けApp Makerのチュートリアルを送りしています。今回は、App Makerのクライアントスクリプトとは何か、またスクリプトエディタでクライアントスクリプトを入力する方法についてお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:初心者向けApp Makerチュートリアル【スクリプト編】

初心者向けチュートリアルの第4弾。このシリーズではメール送信アプリを題材に、App Makerでクライアントスクリプトとサーバースクリプトの使い方をお伝えしていきます。
  1. App Makerでメール送信するアプリを作成する最初の手順
  2. App Makerのスクリプトエディタにクライアントスクリプトを入力する
  3. App Makerでクライアントスクリプトからサーバースクリプトを呼び出す方法
  4. App Makerでサーバースクリプトを仕込んでメールを送信する

The following two tabs change content below.
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ ★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ ★フォロー頂ければ嬉しいです。

コメント