GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法


connect

photo credit: www.ilmicrofono.it connect audio via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法
GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。今回は、GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法です。

GASからアクセスするCloud SQLのインスタンスを作成する方法をお伝えしました。

さて、インスタンスはできたのですが、まだデータベースがありません。

データベースを作成するために、まずはCloud SQLをコマンド操作できるようにしていきます。

ということで、今回はGCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法をお伝えします。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

前回進めたのは、主に以下の2点でした。

  • GCPへのトライアル登録をしてプロジェクトを作成する
  • 作成したプロジェクト内にCloud SQLのインスタンスを作成する

そんなふうにして作成したのが、以下図にある「jdbc-test」というインスタンスです。

GCPで作成したCloud SQLのインスタンス

インスタンス、つまり仮想サーバーはできたのですが、まだ中身は空っぽです。

データベースを作らなければいけません。

ということで、今回はGCPのCloud Shellというツールを使って、インスタンスへの接続とデータベースの作成をしていきます。

Cloud Shellとその開き方

では、そのCloud Shellとやらの使い方を見ていきましょう。

まず、GCPのSQLのページから「fdbc-test」をクリックして開きましょう。

そして、右上の「Cloud Shellをアクティブにする」アイコンをクリックします。

すると、画面下部に「Cloud Shell」

GCPでCloud Shellをアクティブにする

その後、画面下部に黒いエリアが登場し、以下のようなメッセージが表示されます。

接続しています: Google Cloud Shellマシンをプロビジョニングしています

しばらく待つと、その黒いエリアに何やら以下のように歓迎のメッセージが表示されます。

Welcome to Cloud Shell! Type “help” to get started.
Your Cloud Platform project in this session is set to [プロジェクトID].

GCPのCloud Shell

Cloud Shellとは

そもそも、Cloud Shellとはなんでしょうか?

先ほどの手順の途中で「続行」ボタンを押す前に、このようなメッセージが表示されていました。

Google Cloud Shell ではコマンドラインを使って、お使いのブラウザから直接クラウド リソースにアクセスできます。そのため、Google Cloud SDK などのツールをシステムにインストールすることなく、プロジェクトやリソースを簡単に管理できます。

コマンドライン、クラウドリソース、Google Cloud SDK…難しい単語が並んでいますが、本シリーズの文脈で簡単に言い直すとこうなります。

Google Cloud Shellの画面でコマンド入力してCloud SQLを操作できます。

Cloud SQLインスタンスに接続する

では、実際にコマンド入力をしてCloud SQLに接続していきましょう。

接続することで、はじめて操作ができるのです。

さて、Cloud Shellに表示されていたメッセージの最後の行ですが、

username@cloudshell:~[プロジェクトID]:~$

と表示されていますが、「$」記号の後にカーソルがあり、そこにコマンドを入力して実行できます。

「$」は入力をうながす記号で、プロンプトといったりもしますね。

試しに、以下のように入力して Enter してみましょう。

gcloud sql connect jdbc-test --user=root

これは、Cloud SQLインスタンスに接続するコマンドで、一般的には以下のようになります。

gcloud sql connect [インスタンス名] --user=[ユーザー名]

コマンド実行して、しばらく経った後に

Connecting to database with SQL user [root].Enter password:

と表示されるので、インスタンス作成時に設定したパスワードを入力して Enter します。

(このパスワード入力時、カーソル表示など入力している感がなく不安になるのですが、気にせずどうぞ)

すると、以下のようにプロンプトが「mysql>」という表示に変わります。

GCPのCloud ShellでMySQLのプロンプトを表示した

これはMySQLのプロンプトで、Cloud SQLインスタンスにSQL文で操作できるというものです。

具体的には、次回の記事で進めていきましょう。

まとめ

以上、GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法をお伝えしました。

ノンプログラマー的にはCloud Shellは遠い存在ではありますが、一度触っておいても損はないと思います。

手順通り進めるだけなら難しくありませんしね。

次回、MySQLのプロンプトでSQL文を実行していきましょう。

GCPのCloud SQLインスタンスにSQL文でデータベースを作成する方法
GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。今回はGCPのCloud SQLインスタンスにSQL文でデータベースを作成する方法です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:GASのJDBCサービスでCloud SQLのDBを操作する

GASのデータベースの多くはスプレッドシートを使用しますが、ちゃんとしたデータベースを使用したい場合があります。そこで、JBDCサービスを使ってCloud SQLを使用する方法をシリーズでお伝えしていきます。
  1. GASのデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリット
  2. GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法
  3. GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法
  4. GCPのCloud SQLインスタンスにSQL文でデータベースを作成する方法
  5. GCPのCloud SQLデータベースにSQLでテーブルを作成する方法
  6. GCPのCloud SQLデータベースのテーブルにSQLでレコードを追加する方法
  7. GASのJDBCサービスでCloud SQLデータベースに接続をする方法
  8. GASのJDBCサービスでCloud SQLデータベースにクエリを実行する方法
  9. GASのJDBCサービスでCloud SQLにクエリを実行した結果を取り出す方法
  10. GASのJBDCサービスでCloud SQLのデータベースにレコードを追加する方法
  11. GASのJDBCサービスでCloud SQLのデータベースに複数のSQLを一括で実行する方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました