GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

GASのデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリット
今回から、GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLを操作する方法をシリーズでお伝えしていきます。まずデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリットについてお伝えします。

なぜ、データベースとしてCloud SQLを検討するのか、またその概要についてお伝えしました。

今回から、具体的に作業を開始しますよ。

GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法をお伝えしていきます。

では、行ってみましょう!

GCPの無料アカウント登録

まず、Cloud SQLを使用するには、Google Cloud Platform(GCP)への登録が必要になります。

前回もお伝えしましたが、GCPはG Suiteとは別のサービスで、別途料金が発生します。

ただ、GCPは無料トライアルを実施していて、300ドル分までは使用可能なので、それを使って色々と試すと良いでしょう(執筆時点ではありますが)。

トライアルの登録については、以下の記事でまとめています。App Makerのシリーズではありますが、ほとんど変わりないので、その通りに進めていただければと思います。

Google Cloud Platform(GCP)に無料トライアル登録をする方法
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回は、Google Cloud Platform(GCP)に無料トライアル登録をする方法です。

既に、社内で使用しているのであれば、システムのご担当者と相談しながら進めてください。

いずれにしても、Cloud SQLのテストであれば、月1000円程度の課金でなんとかなる場合が多いので、あまり構えずにトライしてみてください。

Cloud SQLとインスタンス

トライアルの登録とともに、「プロジェクト」を作成したはずなので、その配下にCloud SQLのインスタンスを作成します。

プロジェクトというのは、GCPにおいて課金の単位になるもので、計上を分けたい場合はプロジェクトを分けると良いです。

ここでは、前述の無料トライアルの登録で作成した「My First Project」に作成していくこととします。

インスタンスとは

インスタンスとは、仮想コンピュータのことです。

GCPでは、いろいろな種類の仮想コンピュータが用意されていて、プロジェクトの中に複数作成することができます。

作成すると、そのスペックや使用状況に応じて課金が発生します。

今回は、データベース用のCloud SQLのインスタンスをテスト用に一個だけ作成していきます。

Cloud SQLのインスタンスを作成する

では、Cloud SQLのインスタンスを作成する手順を見ていきましょう。

まず、以下URLからGCPのコンソールにアクセスします。

Google Cloud プラットフォーム
Google Cloud Platform では、Google と同じインフラストラクチャでアプリケーション、ウェブサイト、サービスを構築、導入、拡大することができます。

コンソールが開いたら、ナビゲーションメニューから「SQL」を選択をします。

GCPコンソールのナビゲーションメニューからSQLを選択

次の画面で、上部の「+CREATE INSTANCE」をクリックします。

GCPのCloud SQLでCREATE INSTANCEを選択

続く画面ではデータベースエンジンを選択しますが、ここでは「MySQLを選択」を選んでください。

GCPのCloud SQLでMySQLを選択

インスタンス情報の設定

次に、作成するインスタンスの情報を入力していきます。

ここは、基本的に以下の記事で作成するものと同じなので、参考にしながら進めてみてください。

ノンプログラマー向けApp Maker用のCloud SQLのインスタンスを作成する方法
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回は、GCPコンソールでCloud SQLのインスタンスを作成する方法をお伝えします。

さて、今回は以下のとおりに設定しました。

  • インスタンスID: jdbc-test
  • rootパスワード: お好きなパスワード
  • リージョン: us-central1のまま
  • ゾーン: 任意のまま
  • データベースのバージョン: MySQL 5.7のまま

インスタンスIDは好きなものでOKです。

パスワードは後ほど使用しますので、忘れずにメモっておきましょう。

GCPで作成するCloud SQLインスタンスの設定オプション

入力したら、「設定オプションを表示」でオプション内容を展開してください。

設定オプションの入力

設定オプションでは、いろいろと設定できますが、以下のように設定をしていきます。

  • マシンタイプ: db-f1-micro
  • ストレージの種類: HDD
  • バックアップの自動化: オフ

GCPで作成するCloud SQLインスタンスのマシンタイプ

GCPで作成するCloud SQLインスタンスの設定と作成

マシンタイプや容量、アクセスして取得したデータ量によって料金が変わってきますが、特に影響が大きいのがマシンタイプです。

今回は、テスト用ということで、超最低限のスペックにしていまして、弊社調べでは月間1000円程度の支払になります。

本番で使用する場合は、バックアップの自動化をオンにしたり、容量や求めるスピードに合わせて調整していくと良いでしょう。

入力が完了したら「作成」でインスタンスの作成がはじまり、数分後に以下のように完了の通知が表示されます。

GCPでCloud SQLのインスタンスを作成した

これで、Cloud SQLのインスタンスの作成は完了です。

まとめ

以上、GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法をお伝えしました。

Cloud SQLは課金がいくらかわかりづらいのと、難しい単語が多いので構えてしまいがちですが、ここまではさほど難しくはないはず…!

次回は、作成したインスタンスを操作すべく、Cloud Shellで接続をします。

GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法
GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。今回は、GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法です。。

どうぞお楽しみに!

連載目次:GASのJDBCサービスでCloud SQLのDBを操作する

GASのデータベースの多くはスプレッドシートを使用しますが、ちゃんとしたデータベースを使用したい場合があります。そこで、JBDCサービスを使ってCloud SQLを使用する方法をシリーズでお伝えしていきます。
  1. GASのデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリット
  2. GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法
  3. GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法
  4. GCPのCloud SQLインスタンスにSQL文でデータベースを作成する方法
  5. GCPのCloud SQLデータベースにSQLでテーブルを作成する方法
  6. GCPのCloud SQLデータベースのテーブルにSQLでレコードを追加する方法
  7. GASのJDBCサービスでCloud SQLデータベースに接続をする方法
  8. GASのJDBCサービスでCloud SQLデータベースにクエリを実行する方法
  9. GASのJDBCサービスでCloud SQLにクエリを実行した結果を取り出す方法
  10. GASのJBDCサービスでCloud SQLのデータベースにレコードを追加する方法
  11. GASのJDBCサービスでCloud SQLのデータベースに複数のSQLを一括で実行する方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました