App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法


table

photo credit: marcoverch Goldbraune Muffins via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&それによるApp Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちらです。

App MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回はApp MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法を進めていきます。

App MakerでCloud SQLのモデルを作成する方法をお伝えしました。

今回は加えて「ページ」を作成することで、アプリケーションを作り込んでいきたいと思います。

ということで、App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法をお伝えします。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

Cloud SQLをデータベースとしたはじめてのApp Makerアプリケーションとして、従業員データを管理するアプリを作ってみるべく進めています。

前回は、スプレッドシートをもとにCloud SQLによるモデルを作成しまして、以下の「EmployeeData」を作成しました。

App MakerでCloud SQLのモデルを作成した

App Makerアプリは、モデル(いわゆるデータベース)と、アプリの操作やデータの閲覧をするUIとしてのページが必要になります。

今回は、そのページの作り方を見ていきましょう。

ページをリネームする

App Makerのアプリには最低1つ以上のページが必要です。

ですから、新規のApp Makerアプリには「NewPage」というページが既に用意されていますね。

このページをリネームした後、ウィジェットを追加してページを作成していきましょう。

まず、左側のナビゲーションメニューの、「NewPage」の三点リーダーアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。

その中から「Rename」を選択します。

App MakerのNewPageについてRenameを選択する

「Rename Page」というダイアログが開くので、「TablePage」というページ名にして「OK」とします。

App Makerでページをリネームする

これで、ページのリネームは完了です。

テーブルを追加する

次に「TablePage」に、テーブルを追加していきます。

ウィジェットとその配置

App Makerでは、さまざまな機能を持つUIパーツがウィジェットとして揃っていて、ドラッグ&ドロップでページ上に配置することができます。

テーブルはその一種で、データの一覧を閲覧したり、並び替えたり、編集したり、削除したりといった機能を提供するウィジェットです。

まず、「Table」ページを開いている状態で、左上の「Widgets」アイコンをクリックします。

すると、Widgetsパレットが開き、各種ウィジェットがズラーッとならんでいます。

そのうちの「Table」がテーブルなので、これをページ上にドラッグ&ドロップして配置をします。

App Makerでテーブルをページに配置する

テーブルの設定

続いて、いくつかのダイアログが表示されてテーブルについての設定をしていきます。

まず、「Choose datasource」ですが、テーブルにどのモデルのデータを表示するか選択します。

ここは前回作成した「EmployeeData」一択なので、それを選択して「NEXT」です。

App Makerでテーブルのデータソースを選択する

次の「Choose table columns」では、モデルのどのフィールドを「列」としてテーブルに表示するかを選択します。

ここでは、デフォルトの全選択のまま「NEXT」としましょう。

App Makerでテーブルに表示するフィールドを選択する

なお、ここでEditableは「Id」以外のフィールドにチェックを入れることが可能ですが、チェックを入れるとテーブル上で編集が可能となります。

続く「More option」は、以下を有効にするかどうかを選択できます。

  • Paginated: ページ送り機能
  • Sortable: 並び替え
  • Deleteable rows: 行の削除

ここでは、すべて選択のまま「FINISH」としましょう。

App Makerのテーブルの各種オプション設定

ここまで進むと、以下のようにページ上にテーブルの配置が完了します。

App Makerで配置したテーブル

モデルの各フィールドが列として表現されていることがなんとなくわかりますね。

作成したページをプレビューする

では、ここまで作成したApp Makerのアプリをプレビューして動作確認してみましょう。

右上の「PREVIEW」というボタンをクリックします。

App MakerアプリをPREVIEWする

アプリのアクセス権を許可する

初回のプレビュー時には、アカウントの選択→許可という手順が二回必要になります。

アカウントを選択して…

アカウントを選択

「外部サービスへの接続」を許可します。

外部サービスへの接続を許可する

もう一回アカウントを選択して…

アカウントを選択

今度は、「Google SQL Serviceインスタンスのデータ管理」を許可します。

Google SQL Serviceインスタンスのデータ管理を許可する

これらのプレビュー時の許可の手順は、アプリに対して初回に行えば、次回以降は不要です。

プレビューを確認する

少し待つと、以下のようにプレビュー画面が表示されます。

App MakerのプレビューでTablePageを確認

配置したテーブル通りの表示にはなっていますが、データがないのでなんとも言えませんね…

まとめ

以上、App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法をお伝えしました。

ウィジェットと、その一種であるテーブルの配置について確認できたと思います。

ただ、まだデータがないのでなんとも言えませんよね…

次回は、データを追加するフォームの追加をしていきます。

App MakerでCloud SQLデータベースにデータ追加するフォーム作成する方法
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回は、App MakerでCloud SQLデータベースにデータ追加するフォーム作成する方法です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:Cloud SQL&App Makerアプリ開発のはじめかた

App Makerを使うならデータベースはGCPのCloud SQLが第一の選択肢になりました。そこで、ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&それによるApp Makerアプリの作り方を易しく丁寧にお伝えしていきます。
  1. はじめてのCloud SQLによるApp Makerアプリ開発、その概要と経緯と道筋
  2. Google Cloud Platform(GCP)に無料トライアル登録をする方法
  3. G Suite管理コンソールからApp Makerのデータベース設定を行う方法
  4. ノンプログラマー向けApp Maker用のCloud SQLのインスタンスを作成する方法
  5. App Makerのデータベースとして作成したCloud SQLのインスタンスを設定する方法
  6. App MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法
  7. App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法
  8. App MakerでCloud SQLデータベースにデータ追加するフォーム作成する方法
  9. App Makerがなぜ簡単にアプリを開発できるのか、その秘密を紐解く
  10. はじめてのCloud SQLをデータベースとしたApp Makerアプリを公開する方法
  11. App Makerで使い回しパーツを作るPage Fragmentを作成するはじめの一歩
  12. App MakerでPage Fragmentによるヘッダーを各ページに配置する手順
  13. App MakerのPopupページでナビゲーションメニューを作成する方法
  14. App Makerでアプリを再公開して修正内容を反映する手順
  15. App Makerでテストアプリを作成したらCloud SQLはいくらの課金が発生するのか?

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました