GASのJDBCサービスでCloud SQLのデータベースに複数のSQLを一括で実行する方法


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

GASのJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースのレコードを更新・削除をする方法
GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースにアクセスする方法をシリーズでお伝えしています。今回はGASのJDBCサービスを使ってCloud SQLのデータベースのレコードを更新・削除をする方法です。

GASからCloud SQLへレコード更新または削除のSQLを実行する方法をお伝えしました。

さて、これまでのレコード追加、更新そして削除は一行ずつ実行していましたが、当然複数のレコードを操作したいこともありますよね。

そのような時に使用するのが「バッチ処理」です。

今回は、GASのJDBCサービスでCloud SQLのデータベースに複数のSQLを実行する方法です。

では、行ってみましょう!

これまでのおさらい

では、これまでのおさらいです。

今回は前々回の記事に戻りまして、そこからスタートしたいと思います。

前々回で紹介したコードはこちらです。

var connectionName = '*****データベース接続名*****'; //Instance_connection_name
var userName = '*****ユーザー名*****'; //user_name
var password = '*****パスワード*****'; //'user_password'
var databaseName = 'guestbook'; //database_name

var url = 'jdbc:google:mysql://' + connectionName + '/' + databaseName;

function readFromTable() {
  var connection = Jdbc.getCloudSqlConnection(url, userName, password);
  var statement = connection.createStatement();
  var results = statement.executeQuery('SELECT * FROM entries'); 
  
  while (results.next()) {
    var entryID = results.getInt('entryID');
    var guestName = results.getString('guestName');
    var content = results.getString('content');
    
    Logger.log('%s t %s t %s', entryID, guestName, content);
  }

  results.close();
  statement.close();
  connection.close();
}

function writeOneRecord() {
  var connection = Jdbc.getCloudSqlConnection(url, userName, password);

  var statement = connection.prepareStatement('INSERT INTO entries (guestName, content) values (?, ?)');
  statement.setString(1, 'Third Guest');
  statement.setString(2, 'I just got here too!');
  var count = statement.executeUpdate();
  Logger.log(count);
  
  statement.close();
  connection.close();
}

関数readFromTableは、Cloud SQLのデータベース「guestbook」の、「entries」というテーブルの内容をログ出力するものです。

また、関数writeOneRecordは、その「entries」というテーブルに一行追加するという処理です。

それで、このデータ追加ですが、一行ではなくて複数のレコードを追加したいとき、どうすれば良いでしょうか?

今回は、まとめてたくさんのSQLを実行する際の作り方について紹介します。

SQL文を一括で実行する

さて、レコードの追加は更新系のSQLの実行です。

更新系のSQLステートメントを実行する際には、prepareStatementメソッドにプレースホルダー付きのSQL文を渡して、JdbcPreparedStatementオブジェクトを生成するのでした。

JdbcPreparedStatementオブジェクトには、ひとつのSQL文に対して、プレースホルダーの値のセットを複数持たせて置いて、一括で実行できるしくみがあります。

いわゆる「バッチ処理」というやつですね。

バッチにパラメータのセットを追加する

JdbcPreparedStatementオブジェクトのバッチにパラメータのセットを追加するには、addBatchメソッドを使います。

JdbcPreparedStatementオブジェクト.addBatch()

例えば、JdbcPreparedStatementオブジェクトが変数statementに割り当てられている場合、

statement.setString(1, 'Name ' + i);
statement.setString(2, 'Hello, world ' + i);
statement.addBatch();

とすれば、プレースホルダーに設定したSQL文がバッチに追加されるわけです。

バッチに追加されたセットに対してSQL文をまとめて実行する

JdbcPreparedStatementオブジェクトのバッチにパラメータのセットが追加されているのであれば、ひとつのSQL文に対して各セットを当てはめたものを、まとめて一括実行することができます。

バッチに追加されたセットに対してSQL文をまとめて実行するには、executeBatchメソッドを使います。

JdbcPreparedStatementオブジェクト.executeBatch()

戻り値は、各セットに対して更新されたレコード数の配列です。

例えば、以下のような使い方になります。

var statement = conn.prepareStatement('INSERT INTO entries (guestName, content) values (?, ?)');
  for (var i = 0; i < 5; i++) {
    statement.setString(1, 'Name ' + i);
    statement.setString(2, 'Hello, world ' + i);
    statement.addBatch();
  }
var batch = stmt.executeBatch();

Cloud SQLのデータベースへ複数レコード追加の一括実行を確認する

では、複数レコード追加の一括実行についてその動作を確認してみましょう。

まず、実行前の状態が以下だとします。

GASでCloud SQLのデータベースにDELETE文を実行した

それで、これまでの内容をもとに複数レコードを一括で追加する処理として、以下の関数writeManyRecordsとしました。

function writeManyRecords() {
  var connection = Jdbc.getCloudSqlConnection(url, userName, password);

  var statement = connection.prepareStatement('INSERT INTO entries (guestName, content) values (?, ?)');
  for (var i = 0; i < 5; i++) {
    statement.setString(1, 'Name ' + i);
    statement.setString(2, 'Hello, world ' + i);
    statement.addBatch();
  }

  var batch = statement.executeBatch();
  Logger.log(batch);

  statement.close();
  connection.close();
}

これを実行してログを確認すると以下のような内容でした。

GASからCloud SQLへのバッチ処理の戻り値

for文による繰り返しは確かに5回で、各回で1行が更新されているので、そのような出力になっているわけですね。

また、テーブルentriesの内容を確認するために、関数readFromTableを実行してログを見てみましょう。

GASからCloud SQLへのバッチ処理で複数レコードを追加

確かに、複数のレコードがまとめて追加できています。

まとめ

以上、GASのJDBCサービスでCloud SQLのデータベースに複数のSQLを実行する方法をお伝えしました。

おそらく、データの追加などのときには、使用することになると思いますので、どうぞご活用ください。

次回は、トランザクション処理についてお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:GASのJDBCサービスでCloud SQLのDBを操作する

GASのデータベースの多くはスプレッドシートを使用しますが、ちゃんとしたデータベースを使用したい場合があります。そこで、JBDCサービスを使ってCloud SQLを使用する方法をシリーズでお伝えしていきます。
  1. GASのデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリット
  2. GASでデータベースとして使用するCloud SQLインスタンスを作成する方法
  3. GCPのCloud Shellを使ってCloud SQLインスタンスに接続する方法
  4. GCPのCloud SQLインスタンスにSQL文でデータベースを作成する方法
  5. GCPのCloud SQLデータベースにSQLでテーブルを作成する方法
  6. GCPのCloud SQLデータベースのテーブルにSQLでレコードを追加する方法
  7. GASのJDBCサービスでCloud SQLデータベースに接続をする方法
  8. GASのJDBCサービスでCloud SQLデータベースにクエリを実行する方法
  9. GASのJDBCサービスでCloud SQLにクエリを実行した結果を取り出す方法
  10. GASのJBDCサービスでCloud SQLのデータベースにレコードを追加する方法
  11. GASのJDBCサービスでCloud SQLのデータベースに複数のSQLを一括で実行する方法

タイトルとURLをコピーしました