GitHubでリポジトリを組織管理するためのOrganizationとそのつくり方


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

以前、当ブログでノンプログラマー向けのGitHubの使い方についてお伝えしました。

【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、ノンプログラマー向けにはじめてのGitHubと概要、およびサインアップの方法についてお伝えします。

その際は、個人のリポジトリを作成していたのですが、組織で利用するプロジェクトのときには、リポジトリの管理は組織できたほうがいいですよね…

実はそんなときのために、GitHubには組織でリポジトリを管理するための「Organization」というしくみが提供されています。

ということで、今回はGitHubでリポジトリを組織管理するためのOrganizationとそのつくり方をお伝えします。

では、行ってみましょう!

Organizationとは

Organizationとは、組織管理下にリポジトリをおけるようにするための仕組みで、具体的には組織を表すアカウントです。

Organizationの配下にリポジトリを作成したり、ユーザーを追加したりすることができます。

例えば、組織に新たなメンバーが参加したり、メンバーが組織から外れたりしたときのことを考えてみましょう。

個人アカウント配下のリポジトリを使っていると、リポジトリのオーナーを移したり、参加するメンバーを付け替えたり、とにかく面倒です。

また、あるメンバーに複数のリポジトリのコラボレーターになってもらいたいときはどうでしょう。これも都度作業は面倒です。

しかし、Organizationの配下にリポジトリがあれば、Organizationについてのユーザーアカウントの追加、削除だけで済むので楽ちんなのです。

Organizationを使ってできること

Organizationでできることには以下があります。

  • リポジトリの作成・管理
  • メンバーの追加・削除
  • Teamの作成・管理

リポジトリについて、メンバーについては、シリーズを通してお伝えしていきます。

TeamはOrganizationのメンバーをグルーピングする機能で、Team単位で管理、権限付与ができるようになるものです。

詳しくは以下公式ドキュメントをご覧ください。

Team について - GitHub Docs
Team は、Organization のメンバーによって構成されるグループであり、カスケードになったアクセス権限とメンションを伴う会社やグループの構造を反映します。

Organizationを作成する

では、GitHubでOrganizationを作成していきましょう。

まず、GitHubにログインして右上の「+」アイコンから「New organization」を選択します。

GitHubで新しいOrganizationを作成する

次にプランを選択する画面になります。

ここは「Free」で問題ありませんので、「Join for free」をクリックします。

GitHubでプランを選択する

次に、以下Organizationのアカウント情報を入力してきます。

  • Organization account name: 組織アカウント名
  • Contact email: 連絡用メールアドレス
  • This organization belongs to: My personal account

今回、組織アカウント名は「nonproken」にしました。

連絡用メールアドレスは私のアドレス、「This organization belongs to」はどこに属させるかなのですが、これも私のアカウントにしました。

Organizationのアカウント情報を入力

スクロールするとクイズがありますので、がんばってクリアします。

そして「Next」です。

Organizationのアカウント情報を入力

「Complete setup」でOrganization作成は完了です。

Organizationの作成の完了

Organizationの設定をする

続いて、Organizationの設定をしていきましょう。

GitHubにログインして、左側のアカウント名のプルダウンを開くと、先ほど作成したOrganization「nonproken」があります。

選択しましょう。

Organizationを選択

「Organizations」というページが開きますので、作成したOrganization「nonproken」の「Settings」をクリックします。

Organizationの設定

「Organization profile」のページに入りますので、各種設定をします。

今回は、表示名を「Nonproken」にしてアイコン画像をアップしました。

Organizationのプロフィールを設定

スクロールすると、「Update profile」というボタンがありますので、クリックして設定を完了してください。

Organizationも以下のURLでアカウントページを開けますので、見てみましょう。

https://github.com/アカウント名

以下のように、Organizationのアイコンと表示名が設定されていることを確認できます。

Organizationアカウントページ

まとめ

以上、GitHubでリポジトリを組織管理するためのOrganizationとそのつくり方をお伝えしました。

次回以降、Organizationのリポジトリの作成、メンバーの追加についてお伝えします。

GitHubでOrganizationにリポジトリやユーザーを追加する方法
ノンプログラマー向けにGitHubを組織で活用する方法をシリーズでお伝えしています。今回は、GitHubでOrganizationにリポジトリを作成する方法とユーザーを招待して追加する方法についてお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプログラマー向けGitHubを組織で活用する方法

会社などの組織で使用するプロジェクトを個人アカウントでリポジトリを管理していると、リポジトリの管理やユーザーの権限の変更など、いろいろと面倒です。そのような場合に便利な、GitHubのOrganizationという仕組みとその活用法をノンプログラマー向けに紹介していきます。
  1. GitHubでリポジトリを組織管理するためのOrganizationとそのつくり方
  2. GitHubでOrganizationにリポジトリやユーザーを追加する方法
  3. GitHubで他のアカウントのリポジトリをコピーするフォークとその概要
  4. GitHubでフォークしたリポジトリからプルリクエストを作成する方法
  5. GitHubでフォークしたリポジトリを削除してフォークし直す方法
  6. GitHubで課題を管理する便利機能Issueとその作成方法
  7. GitHubでIssueについて解決してクローズするまでの手順

タイトルとURLをコピーしました