Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法


push

photo credit: Harry McGregor Macro Mondays PushPull via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

【ノンプログラマー向け】はじめてのGitのコミットをして変更履歴を記録する方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、ノンプログラマー向け、はじめてのGitのコミットをして変更履歴を記録する方法についてお伝えします。

はじめてのGitでコミットをする方法についてお伝えしました。

今回は、そのローカルにコミットした変更履歴を「プッシュ」して、リモートリポジトリに反映をしていきますよ。

ということで、Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法です。

なお、技術書の制作をお題として進めていますので、事前順次や前提についてはこちらの記事からご覧いただければと思います。

では、行ってみましょう!

補足: デフォルトブランチ名はmainに変更されています

GitHubで作成したリポジトリのデフォルトブランチ名は、本記事執筆当初は「master」でしたが、現在は「main」に変更されています。

GitHub、これから作成するリポジトリのデフォルトブランチ名が「main」に。「master」から「main」へ変更
GitHubは、これから新規に作成されるリポジトリのデフォルトブランチ名が「main」になると発表しました。これまでデフォルトブランチ名は「master」でした。 既存のリポジトリにはこの変更は適用されませんが、年内にも既存のリポジトリ...

ですから本記事について、本文内では「main」に書き換えていますが、画像内の表記は「master」のままの箇所がございます。

読みづらくて恐縮ですが、ご注意しながらご覧ください。

前回のおさらい

まず、今やっていることと、前回までやったことを整理します。

技術書の執筆環境を作る事前準備をしている最中です(もうシリーズ10記事目ではありますが…)。

それで、編集者と執筆者の2名が共同作業をすべく、以下の3つのリポジトリを用意しているのです。

  1. GitHubに共有・共同作業用のリモートリポジトリを作る
  2. 編集者のローカル環境にローカルリポジトリを作る
  3. 執筆者のローカル環境にローカルリポジトリを作る

現在、2まで終わっていますが、変更履歴がない状態で3の段階を行おうとするとうまくいかないので、いったん編集者がとりあえずのコミットをしたというのが前回お伝えしたところです。

今回は、そのコミットをリモートリポジトリに反映する「プッシュ」についてお伝えしていきます。

リモートリポジトリに変更履歴を反映するgit pushコマンド

前回、編集者のローカルポジトリにコミットして変更を記録したわけですが、それを執筆者と共有するためのリモートリポジトリに反映する必要があります。

この操作がプッシュといわれるものです。

プッシュを行うには、以下のgit pushコマンドを使います。

git push リモートリポジトリ名 ブランチ名

…パラメーターとして、「リモートリポジトリ名」と「ブランチ名」が必要ですね。

リモートリポジトリ名を調べる

まず、リモートリポジトリ名ですが、これはgit remoteコマンドで調べることができます。

git remote

実行すると、以下のように「origin」と表示されました。

git remoteコマンドでリモートリポジトリ名を調べる

この「origin」がリモートリポジトリ名です。

リモートリポジトリをローカルにクローンした場合、クローン元のリモートリポジトリには初期値として「origin」がリモートリポジトリ名として採用されるんです。

ブランチとその役割

さて、あとは「ブランチ名」ですね。

何度か目にしたことがありますが、「ブランチ」とは何でしょうか?

git statusコマンドでブランチ名を調べる

前回、はじめてのコミットをしたあとに、git statusコマンドでローカルリポジトリの状態を確認したところ、「On branch main」という記載があったのを覚えていますか?

git statusコマンドでローカルリポジトリの状態を調べる

そう、この「main」というのがブランチです。

ちなみに、そのあとの

Your branch is based on ‘origin/main’, but the upstream is gone.

はリモートリポジトリにmainがないよーという意味でしたね。

ブランチとは

Gitでは変更履歴はただひとつだけではなくて、途中から分岐をして枝分かれさせることができます。

この変更履歴の機能を提供するのがブランチです。

リポジトリを作成したときに、自動で最初に作られるブランチには「main」という名前がつけられます。

しかし、必要に応じて別のブランチを作成して、別々の作業についての変更履歴を記録、そして適切なタイミングでそれを統合する…という作業を行うことができます。

もちろん、ひとつの変更履歴だけで済む場合は、mainだけで良いですが、例えば以下のように使います。

  • 確定版のブランチをmainとし、開発版のブランチを別途作成して開発を進める
  • 編集者がレビューした後の確定版のブランチをmainとし、複数いる執筆者ごとにブランチを作成して個々の執筆を進める

ブランチの実際の使い方については、以降のシリーズでお伝えしていきます。

git pushコマンドでリモートリポジトリにプッシュする

ということで、プッシュに必要なパラメーターは以下であるとわかりました。

  • リモートリポジトリ名: origin
  • ブランチ名: main

つまり、今回のgit pushコマンドは以下となります。

git push origin main

実行すると、以下のように何やらいろいろ表示されつつ、プッシュが実行されます。

git pushでリモートリポジトリにプッシュする

プッシュされたリモートリポジトリを確認

では、GitHubを開いて、プッシュされたリモートリポジトリがどうなっているか確認してみましょう。

「code」タブの表示がかわっていて、まず「main」ブランチが反映されているのが確認できますね。

そして、そのmainブランチについて、前回行ったコミットもリモートリポジトリに反映されていることがわかります。

さらに「welcome.md」をクリックしてみましょう。

GitHubにプッシュされたブランチとコミット

すると、そのコミットにおける「welcome.md」の内容を確認できますね。

GitHubでコミットのファイルを確認する

まとめ

以上、Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法をお伝えしました。

プッシュの方法とともに、Gitにおいて重要な役割を果たすブランチの概要もお伝えしましたね。

次回ですが、執筆者をリモートリポジトリに招待して、承認してもらいましょう。

GitHubで他のユーザーをリモートリポジトリに招待して承認してもらう方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、GitHubで他のユーザーをリモートリポジトリに招待して、それを承認してもらう方法について紹介します。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプロ向けGit・GitHubで技術同人誌を共同制作しよう!

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」の活動をより魅力的にすべく、メンバーの皆さんと技術同人誌を制作するプロジェクトをスタートしました。このシリーズでは、プロジェクトの概要や、ベースとなる技術情報をお伝えしていきます。
  1. 技術同人誌とそのメリット&ノンプロ的な作り方の手順について
  2. 【ノンプログラマー向け】Gitによるバージョン管理の超基礎知識
  3. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをインストールする方法
  4. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitの初期設定
  5. Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定
  6. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
  7. ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法
  8. 【ノンプログラマー向け】Gitでリモートリポジトリのクローンをする方法
  9. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitのコミットをして変更履歴を記録する方法
  10. Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法
  11. GitHubで他のユーザーをリモートリポジトリに招待して承認してもらう方法
  12. 【Windows版】リモートリポジトリをローカルにクローンをする方法
  13. Gitのブランチとは何か?またブランチを作成、切り替える方法
  14. Gitで原稿の変更履歴をコミットし、リモートにプッシュする方法
  15. GitHubのレビューとプルリクエストについて、およびその作成方法
  16. GitHubでプルリクエストを確認しコメントをしてマージをする
  17. Gitでプルリクエストをマージされたリモートリポジトリをプルする方法
  18. GitHubのプルリクエストをレビューして修正を依頼する方法
  19. GitHubのプルリクエストに対するレビューの修正に対応する方法
  20. GitHubでプルリクエストの修正対応を確認してマージをするまで
  21. GitHubでレビュアーが修正コミットをしてマージをする方法

タイトルとURLをコピーしました