Google フォームでスマートフォンからスプレッドシートへの入力を簡単にしてみた

★気に入ったらシェアをお願いします!


google,フォーム,スマートフォン,フォーム,スプレッドシート
皆様こんにちは、ノグチです。

前回までは、Googleスプレッドシートでシンプルな収支表と収支報告書を、簡単に作成する方法をご紹介しました。

Googleスプレッドシートで関数を使って簡単に収支報告書を作ってみた
Googleスプレッドシートで作成した収支表から、関数を使って超シンプルな収支報告書を簡単に作成する方法をご紹介しています。関数をうまく使えば、収支表を入力するたびに収支報告書の金額を更新させることができますよ。関数を使えば、計算ミスともオサラバです!
Googleスプレッドシートで作成した収支報告書をメンバーと共有してみた
Googleスプレッドシートで作成したドキュメントを、スプレッドシートの共有機能を使って、自分以外のメンバーに展開する方法をご紹介しています。共有のほか、紙への印刷やPDFファイルへの変換やGmailでの自動送信などの展開方法も併せてご紹介しています。
今回は、Googleスプレッドシートの入力画面としてフォームを利用する方法をご紹介します!

まず、私は趣味で所属しているサークルの収支管理に、前回までにご紹介したGoogleスプレッドシートで作成した収支表を半年ほど利用していました。

PCで使う分には非常に便利ですし、メンバーとも簡単に内容を共有できるので、紙に手書きで収支管理していたころよりははるかに楽になりました。

しかし問題が一つ。

サークルがあった日に、その場でスマートフォンから収支表に当日の収支を入力してしまうのですが、このスマートフォンからの入力がとっても面倒臭いのです。

Googleスプレッドシートをスマートフォンで起動すると、こんな感じになります。

google,フォーム,スマートフォン,スプレッドシート

「パソコンで起動したときと変わらないじゃない」とお思いかもしれません。

しかしスマートフォンのキーボードにはTabキーもエンターキーもないので、セルの移動は専ら指で入力したいセルをタップしなければいけません。(右方向と下方向に進むボタンはメニューに表示されますが、キーボードを閉じないと表示されません)

たかだか数項目を入力するだけなのに、セルをタップして入力して、隣のセルをタップして入力して、画面を右にスライドさせてまたセルをタップして…と、実際にやってみて頂くとわかると思うのですが、実に面倒臭い。

ではどうするか…と悩んでいたところに、タカハシさんからの天の声を頂きました。

「Googleフォームを入力画面に使えばいいじゃない。」

なんということでしょう。

フォームで入力した値をスプレッドシートに転記できることは知っていたのですが、入力画面としてフォームを利用することは全く思いついていませんでした。

そんなわけで、スプレッドシートの入力画面として使うべく、フォームを作成することにしたのでした。

フォームの項目を作る

まず、新しいフォームの作成方法や、スプレッドシートとの紐づけは下記記事でご紹介されていますので、併せてご覧ください。

無料で簡単!Googleフォームで「お問い合わせフォーム」を作成する
Googleフォームで、「お問い合わせフォーム」を簡単に作成する方法をお伝えします。「お問い合わせ」「資料請求」などの入力フォーム画面を作ることができます。自分で作成すれば無料ですし、カスタマイズも可能になります。
Googleフォームで作成する項目の入力形式は、テキスト型や日付、時刻やチェックボックス、プルダウンと、いくつか選択できるようになっています
google,フォーム,項目,入力形式
そして今回作成したい項目は、収支表にある下記の5項目です。
google,フォーム,項目,作成項目,収支表

「収支表サンプル」というタイトルでフォームを作成して、収支表の各項目は下記の形式でそれぞれ作成しました。

項目 フォームの形式
日付 日付
収入 記述式
支出 記述式
費目 プルダウン
備考 記述式

そして実際のフォームがこちら。

google,フォーム,項目,入力形式,完成

これでフォームの完成です!

スマートフォンから入力してみる

こちらが実際にスマートフォンで、Safariからフォームを開いたものです。

見た目は非常にシンプルです。

では実際に入力してみると…

google,フォーム,項目,スマートフォン

指でセルをタップしたり、画面をスライドさせる必要が無くなって、かなり入力の手間が減りました!

特に、キーボードの上部に表示されている、このキー。

google,フォーム,項目,スマートフォン,キー
項目を入力してこの下向きのキーを押せば、次の項目へカーソルが移ってくれるので、スプレッドシートへの入力と比べると格段に楽になりました!

スプレッドシートのデータを見てみる

では、スマートフォンから入力したデータが、フォームに紐づけたスプレッドシートに転記できているか見てみます。
google,フォーム,項目,スプレッドシート,転記

この通り、ちゃんとスプレッドシートに転記されています

今後、前述で作成したフォームから収支を入力していけば、このシートにデータが蓄積されていきますので、前回の記事でご紹介したように、関数を使ってこのシートのデータから収支報告書を作成することもできますね

既存シートのデータとフォームからの入力データを合体させる

さて、フォームで入力したデータをスプレッドシートに転記できるのはご紹介した通りです。

ただ、スクリプトを使わないでフォームからデータを転記する場合は、新しいスプレッドシートに対してデータが追加されるようになります。

ということは、すでにある収支表のデータと、フォームから入力したデータはシートが分かれてしまうことに。

しかしそれでは収支報告書を作成する際に、2つのシートを1つにまとめなければいけません。

なので、今の段階で一つにしてしまいましょう!

やり方は超単純。

フォームからデータが転記されるスプレッドシートに、既存の収支表のデータを追加するだけです。
google,フォーム,スプレッド,収支表,データ移行
これで、今後フォームからデータが転記されるたびに、スプレッドシートの一番下の行へデータが追加されていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、スマートフォンからスプレッドシートにデータ入力する場合の入力画面としてフォームを利用する方法をご紹介しました

今回はシンプルにフォームを作成していますが、ここにGoogleスクリプトを追加すれば、さらに入力が簡単にできるかもしれませんので、今後ご紹介していけたらと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

連載目次:Googleスプレッドシートで超簡単!収支表を作成しよう

スプレッドシートで収支表を作れば、スマホでも入力でき、共有もできるようになります。本シリーズではスプレッドシートを使って超簡単に収支表を作成する方法をお伝えしています。
  1. スマホからの入力も可能!Googleスプレッドシートで超簡単に収支表を作成してみた
  2. Googleスプレッドシートで関数を使って簡単に収支報告書を作ってみた
  3. Googleスプレッドシートで作成した収支報告書をメンバーと共有してみた
  4. Google フォームでスマートフォンからスプレッドシートへの入力を簡単にしてみた

The following two tabs change content below.

ノグチ

元製造子会社SE、ERPパッケージシステムコンサルタント(販売管理、購買管理、生産管理、設備管理他)。 業務システム保守・導入両方やった経験をお伝えすることで、少しでもシステムや手作業に悩まされる人が減ればいいなぁ、楽にお仕事してもらえたらいいなぁと日々夢見ております。