WordCamp Tokyo 2017登壇までのストーリーと終えてみて言いたいたった1つのこと

★気に入ったらシェアをお願いします!


wordcamp-tokyo-2017

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

先日行われたWordCamp Tokyo 2017。無事に登壇を終えました。

【9/16・9/17】WordCamp Tokyo 2017に登壇します!
直前の告知で恐縮ですが、9/16にWordCamp Tokyo 2017にて登壇をしますのでお知らせです!独立・起業をテーマにした当日のセッションについて、お知らせいたします。

また、たくさんの学びを得ることができました。今回もいくつかレポートを書ければと思っていますよ。

3回目のWordCampで、初めてスピーカーとして参加することができたのですが、その一連について

  • どうやってWordCamp Tokyoのスピーカーになれたの?
  • 登壇の準備はどんな流れ?
  • 実際、登壇してみてどうだった?

とか、そういうことを熱が冷めないうちにレポートをしておきたいと思います。

公募締め切り30分前に慌ててエントリー

あれは今から3カ月前の6/9。

きっかけはズバリ、かん吉さん(@kankichi)のこちらのツイートでした。

かん吉さんは昨年のWordCamp Tokyo 2016で「夢をかなえるWordPress」というタイトルで登壇されていて、がっつり感動をいただいておったんですね。

WordCampはWordPressの利他の精神を再確認しつつ気持ちを引き締める良い機会
いよいよ今年もやってまいりました「WordCamp TOKYO 2016」。今回はそのイベントレポート第一弾、かん吉さんによる「夢を叶えるWordPress」からWordPressの精神について書きます。

でも、WordCampなどというビッグなイベントのスピーカーなんて、夢のまた夢。

…と勘違いをしていたんです。まさか、公募してるなんて。

で、かん吉さんのツイートを見かけてから、時計とにらめっこしながら慌ててエントリーをしたんです。

公募締め切り30分前のことでした。

ちなみに、エントリー時に必要な情報は

  • 氏名
  • 所属会社・学校等
  • Webサイトやブログ等のURL
  • WordPress.org ID
  • WordPress.org アカウントのメールアドレス
  • プロフィール
  • セッションのタイトル
  • 主に誰向けですか?
  • セッションに必要な時間は?
  • セッションの難易度は?
  • どの言語で話しますか?
  • スライドは何語ですか?
  • 過去のスピーカー経験 (なくても申し込めます)
  • セッションの詳細や伝えたいこと、意気込み等をお書きください
  • 8月中旬までにスライドの用意ができますか?
  • WordPressのテーマ・プラグインを配布または宣伝している場合、それらは100%GPLライセンスですか?
  • WordCamp スピーカー規約同意書に同意しますか?
  • セッションの動画や写真の撮影・スライドの公開に同意しますか?
  • セッション動画・写真・スライドの公開に同意しますか?

それはもうがーッと書きました。慌ててましたんで。

あ、登壇を狙っている皆さん、今から話すテーマとか、意気込みあたりをじっくり考えておくとよいですよ。

さて、話は戻りますが、ただのときも選ばれればラッキーくらいの気持ちでいたので、一歩踏み出したことで選ばれなくても「満足」。

そう思っていました。

公募結果のお知らせから当日まで

それから1カ月半経った7/25に来た一通のメール。件名

「件名:WordCamp Tokyo 2017 公募結果のお知らせ」

おお、ちゃんと外れた人にもメールくれるんだ、と思いきや読み進めていくと

ご応募のご返答が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。
選考の結果、今回はぜひ高橋様にセッション登壇をお願いしたいと思います。

なんと…!?

その後の流れとしては、スピーカー専用のFacebookグループに参加しまして、そこで登壇にあたっての連絡事項や、当日までの準備についてのやり取りをします。

大まかな段取りとしては

  1. タイトル、自己紹介文、アウトラインの提出(あとTシャツのサイズも)
  2. スライド初稿提出
  3. リハーサル
  4. スライド最終稿提出

という流れになります。

はっきり言って、すっごく丁寧にサポートしてくださいます。

そして、初めての登壇者に関しては、ハングアウトを使ったリハーサルまでお付き合いいただくので、なんとまぁ安心して当日に臨めるわけです。

私の場合は、セッションはモンキーレンチの北島さん(@inc2734)、よつばデザインの後藤さん(@428design)と合同だったので、WordCampセッション班の皆さんと5人でワイワイとリハーサルをして盛り上がりました。

ハングアウトミーティング、楽しいっすね。

前夜祭

登壇の前日、前夜祭にご招待頂きました。

私、性格としてはビビりでアウェイは苦手なのですが、一方で食うなら皿までというところもありまして、エイっと参加しました。

新宿の居酒屋さんでの開催でしたが、皆さん、全国いや全世界から久しぶりに集結というわけで、たいへん盛り上がってました。

完全アウェイの私、スポーツで言えば防戦一方ではありましたが、なんとか何名かの皆さんと、はじめましてのご挨拶をして無事に帰宅。

こういう一歩が大事ですもんね。

当日、いよいよ登壇

さて、当日。いよいよ登壇です。

ランチミーティングとは言え、たくさんお集まりいただきました…!

また、登壇直前に、PCがエラー画面になっていて慌てて再起動かけるという、緊張感あふれる出来事がありました。

でも、私には後藤さん、北島さんも、スタッフの皆さん、心強い味方がいます。

また、ハングアウトミーティングのリハーサルもありました。

そのおかげで、なんとか落ち着いてお話できたかと思います。

スライドはコチラです。

私がこうして独立して、今も立っていられるのも、ブログそしてWordPressのおかげ。

その価値について知っていただきたいということで、話をさせて頂きました。少しでも聴かれた皆さんのお役に立てれば嬉しいです!

ちなみに、最後の質問で

ブログのツールとして、なぜWordPressを選択しているのですか?

という質問をいただきました。

自前サーバーであれば自分のコンテンツの所有と提供の継続性が担保できるし、それであればテーマやプラグインがそろっているWordPressが一番、という回答をさせて頂きました。

それももちろんありますが、私がWordPressを使っている最大の理由はコチラです。

好きだからです。

まとめ

さて、こうして登壇を終えたのですが、本記事で言いたいことはたった一つだけです。

一歩踏み出そう!

そうすれば、WordCampという1000人クラスの大きなイベントで登壇できるチャンスを得ることができます。

うっかり、選ばれたとしても、なんとかなります。

なぜなら、WordCampはサポートが本当に手厚い!

だから大丈夫です。元気よく、ナイスな一歩踏み出しましょう。