GASで送信するGmailのメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする


mailbox

photo credit: Hindrik S Hurrying to get there via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作成する方法をお伝えしています。

前回の記事はこちら。

【GASで作るワークフロー】URLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方
Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作成する方法をお伝えしています。今回は、承認者に送られたGmail内のURLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方をお伝えします。

メール内のURLをクリックすることでワークフローの承認ができるようにスクリプトを作成しました。

今回は、Gmailで送るメッセージをHTMLメールでも送れるようにしていきたいと思います。

ということで、GASでGmailで送るメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする方法です。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

前回までのおさらいを順を追って解説しますね。

Googleフォームで備品購入申請を送信

以下のような備品購入申請のフォームをGoogleフォームで作りました。

Googleフォームによる備品購入申請

こちら申請内容を入力して送信をすると、連携するスプレッドシートに、送信したデータが蓄積されます。

フォームから送信したデータをスプレッドシートで確認

承認者にGmailでメッセージが届く

それとともに、承認者に以下のようなメッセージがGmailで届きます。

承認者向けのGmailメッセージ

これは、フォーム送信時のトリガーによって、以下のsendMessage関数が動作することによるものです。

function sendMessage(e) {
   
  const [timeStamp, email, shop, item, price, amount] = e.values;
  const total = price * amount;
  const row = e.range.getRow();
  const sheet = e.range.getSheet();
  sheet.getRange(row, 8).setValue('確認中');
 
  const recipient = 'hogehoge@example.com'; //送信先メールアドレス        
  const subject = '備品購入申請のお知らせ';
  let body = '';
  body += '備品購入申請がありました。\n\n';
  body += `・購買先: ${shop}\n`;
  body += `・品名: ${item}\n`;
  body += `・単価: ${price} 円\n`;
  body += `・数量: ${amount}\n`;
  body += `・総額: ${total} 円\n\n`;  
  body += '承認する場合は、以下URLをクリックしてください\n';
  body += 'https://script.google.com/a/~exec'; //公開したウェブアプリケーションのURL
  body += `?row=${row}`;
   
  GmailApp.sendEmail(recipient, subject, body);
 
}

URLクリックで承認の処理を行う

承認者がGmail内のURLは公開しているWebアプリケーションのもので、クリックすると以下のdoGet関数が動作します。

function doGet(e) {
  const row = e.parameter.row;
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  const values = sheet.getRange(row, 1, 1, 8).getValues()[0];
  const [timeStamp, email, shop, item, price, amount] = values;
  const total = price * amount;
 
  sheet.getRange(row, 8).setValue('承認');

  const subject = '備品購入申請承認のお知らせ';
  let body = '';
  body += '以下の備品購入申請が承認されました。\n\n';
  body += `・購買先: ${shop}\n`;
  body += `・品名: ${item}\n`;
  body += `・単価: ${price} 円\n`;
  body += `・数量: ${amount}\n`;
  body += `・総額: ${total} 円\n\n`;  
  GmailApp.sendEmail(email, subject, body); //申請者にメールを送る

  let html = '';
  html += '

備品購入申請のお知らせ

'; html += 'あなたは以下の備品購入申請を承認しました

'; html += '
    '; html += `
  • 購買先: ${shop}
  • `; html += `
  • 品名: ${item}
  • `; html += `
  • 単価: ${price}
  • `; html += `
  • 数量: ${amount}
  • `; html += `
  • 総額: ${total}
  • `; html += '
'; return HtmlService.createHtmlOutput(html); }

これにより、承認者には以下のWebページが表示されます。

承認後に表示されるWebページ

また、申請者にはGmailにより以下のメッセージが送信されます。

Gmailメッセージで承認のお知らせ

プレーン版とHTML版の箇条書きテキストを返す関数

さて、上記のスクリプトをご覧いただいて、かなり冗長な部分がありますよね。

例えば以下のような箇所です。

  • レコードの各データを変数に代入する処理
    • sendMessage関数: 3,4行
    • doGet関数: 5,6行
  • メールやHTMLの本文を作る処理
    • sendMessage関数: 11~20行
    • doGet関数: 11~17行および20~29行

似たようなことをしているので統一しちゃいたいですよね…

で、どうするかというと、プレーンもHTMLも作る関数を作って、好きなほうを都度チョイスできるようにしていきましょう。

以下のような関数generateBodiesという関数を作りました。

function generateBodies(values){
  const [timeStamp, email, shop, item, price, amount] = values;
  const total = price * amount;
 
  let plain = '';
  plain += `・購買先: ${shop}\n`;
  plain += `・品名: ${item}\n`;
  plain += `・単価: ${price} 円\n`;
  plain += `・数量: ${amount}\n`;
  plain += `・総額: ${total} 円\n\n`;  
  let html = '
    '; html += `
  • 購買先: ${shop}
  • `; html += `
  • 品名: ${item}
  • `; html += `
  • 単価: ${price}
  • `; html += `
  • 数量: ${amount}
  • `; html += `
  • 総額: ${total}
  • `; html += '
'; return { email: email, plain: plain, html: html }; }

備品購入申請の一行分のデータを配列で受け取って、その内容をプレーン版とHTML版の箇条書きにして返します。

あと、申請者のemailも返してあげます。

オブジェクトで返せば、複数の値も返せますもんね。

GmailでHTMLメールを送る

せっかくHTML版の箇条書きを作ったので、Gmailで送るメッセージもHTMLメールにしちゃいましょう。

GmailAppのsendEmailメソッドですが、第4引数にはオブジェクト形式で様々なオプションを設定できます。

GmailApp.sendEmail(送信先アドレス, 件名, 本文, オプション)

このオプションに、htmlBodyというプロパティ名でHTML文字列を与えてあげればOK。

相手先のメーラーがHTMLに対応していればHTML表示に、そうでなければ「本文」で指定したプレーンな文字列が表示されます。

ワークフローのスクリプトを整理

以上を踏まえて、sendMessage関数と、doGet関数を整理しました。

申請の通知メールをHTMLメール化

まずはsendMessage関数から。

function sendMessage(e) {
 
  const row = e.range.getRow();
  const sheet = e.range.getSheet();
  sheet.getRange(row, 8).setValue('確認中');
  const bodies = generateBodies(e.values);
  let url = 'https://script.google.com/a/~exec'; //公開したウェブアプリケーションのURL
  url += `?row=${row}`;
 
  const recipient = 'hogehoge@example.com'; //承認者メールアドレス        
  const subject = '備品購入申請のお知らせ';
  let body = '';
  body += '以下の備品購入申請がありました。\n\n';
  body += bodies.plain;
  body += '承認する場合は、以下URLをクリックしてください\n';
  body += url;

  let html = '';
  html += '

備品購入申請のお知らせ

'; html += '以下の備品購入申請がありました。

'; html += bodies.html; html += `

承認する場合は、こちらをクリックしてください

`; html += url; GmailApp.sendEmail(recipient, subject, body, {htmlBody: html}); }

プレーン版とHTML版の両方の本文を作っているわりには、若干スッキリできたかなと思います。

6行目でgenerateBodies関数を呼び出しています。

また、HTMLメールが送れるようになったので、22行目の部分ですが、URLを剥き出しにせずに「こちら」にリンクを加えることができるようになりました。

実際のメッセージの表示はこちらです。

備品購入申請のお知らせのHTMLメール

承認の通知をHTMLメール化

続いてdoGet関数です。

function doGet(e) {

  const row = e.parameter.row;
  const sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  const values = sheet.getRange(row, 1, 1, 8).getValues()[0];
  const bodies = generateBodies(values);
 
  sheet.getRange(row, 8).setValue('承認');
 
  const recipient = bodies.email;
  const subject = '備品購入申請承認のお知らせ';
  let body = '';
  body += '以下の備品購入申請が承認されました。\n\n';
  body += bodies.plain;
 
  let html = '';
  html += '

備品購入承認のお知らせ

'; html += '以下の備品購入申請が承認されました。

'; html += bodies.html; GmailApp.sendEmail(recipient, subject, body, {htmlBody: html}); html = ''; html += '

備品購入申請のお知らせ

'; html += '

あなたは以下の備品購入申請を承認しました

'; html += bodies.html; return HtmlService.createHtmlOutput(html); }

こちらも、6行目にgenerateBodies関数を呼び出して、送信するメッセージをHTMLメールに変更しています。

申請者には、同様にHTMLメール化された承認のメッセージが送られるはずですので、確認してみてください。

まとめ

以上、GASでGmailで送るメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする方法をお伝えしました。

今回、スクリプトを整理をしつつ、HTMLメールにも対応するようにしました。

以降のシリーズで、ボタンでクリックできるようにしたいので、その布石でもありますね。

次回ですが、URLを二つ用意して申請の「否認」もできるようにしていきたいと思います。

GASのワークフローでURLのパラメータで承認・否認を切り替える方法
Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作るシリーズをお送りしております。今回はGASのワークフローでURLのパラメータで承認・否認を切り替える方法をお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:初心者でも作れるGASによる簡単ワークフロー

スプレッドシート、Gmail、フォーム…Google Apps Scriptで操作できるアプリケーションはまさに「ワークフロー」を作成する上で必要なものが揃っています。ということで、このシリーズでは初心者でも簡単に作れるワークフローの作り方について解説をしていきます。
  1. 備品購入申請フォームをGoogleフォームで作成する方法
  2. Google Apps Scriptでフォーム送信時にメッセージを送るスクリプトの作り方
  3. Google Apps Scriptでフォーム送信した内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプト
  4. Google Apps Scriptで特定のURLを踏んだらスクリプトを動作させるdoGet関数の使い方
  5. GASでURLを踏んでスクリプトを動作させたときにパラメータを渡す方法
  6. 【GASで作るワークフロー】URLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方
  7. GASで送信するGmailのメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする
  8. GASのワークフローでURLのパラメータで承認・否認を切り替える方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました