【GASで作るワークフロー】URLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方


arrow

photo credit: www.ralfpreuss.de Arrows via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作成する方法をお伝えしています。

前回の記事はこちら。

GASでURLを踏んでスクリプトを動作させたときにパラメータを渡す方法
Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作る方法をお伝えしています。今回は、GASでURLを踏んでスクリプトを動作させたときにパラメータを渡す方法をお伝えします。

URLを踏んでdoGet関数を呼び出すときにパラメータを渡す方法をお伝えしました。

今回は、URLを踏んだら「承認」としたことにするようにスクリプトを修正していきます。

ということで、【GASで作るワークフロー】URLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方をお伝えします。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

前回までのおさらいからいきますね。

まず、備品購入申請は以下のGoogleフォームから行います。

Googleフォームによる備品購入申請

フォーム送信を行うと連携する以下のスプレッドシートに申請内容が蓄積されます。

フォームから送信したデータをスプレッドシートで確認

その際、フォーム送信時のトリガーで以下のスクリプトsendMessageが動作します。

承認者宛に申請があったことを知らせるために、以下のようなメールを送るものです。

スクリプトを呼び出すURLを含むGmailのメッセージ

このメッセージ内のURLはウェブアプリケーションを公開して取得したもので、クリックすると、以下のdoGet関数を起動します。

doGet関数はメッセージ内のURLから引き回してきたパラメータ「row」を反映させつつ、以下のようなウェブページを表示します。

公開したウェブアプリケーションのページでパラメータを表示

…とここまで作りました。

今回は、メッセージ内のURLをクリックしたら「申請を承認したことにする」ように修正をしていきたいと思います。

フォーム送信時のスクリプトを変更する

まずスクリプトsendMessageを変更していきます。

Rangeオブジェクトの属するSheetオブジェクトを取得

まず、変更箇所は10行目と11行目ですね。

Rangeオブジェクトから、getSheetメソッドを使うことで、そのRangeオブジェクトが属するSheetオブジェクトを取得することができます。

Rangeオブジェクト.getSheet()

それで、スプレッドシートの8列目(H列)を「ステータス」として、そこに「確認中」と記入するようにしました。

フォームの送信を受け取ったときに、以下のように入力されます。

スプレッドシートにステータスが追加

メッセージのURLをクリックすると承認

あと22行目ですが、「承認する場合は、以下URLをクリックしてください」と変更しました。

以下のようなメッセージになります。

承認者向けのGmailメッセージ

doGet関数のスクリプトを変更する

doGet関数は以下のように修正しました。

だいぶ長くなりました…!

スプレッドシートからデータを取得し「承認する」

まず3行目~13行目は、スプレッドシートから該当の申請に関する行を配列として取得しているところです。

5行目ですが、getValuesメソッドは二次元配列なのですが、今回は一行分のデータだけなので、インデックス0の要素を取り出すことで、一次元配列としています。

それで、13行目でステータスを「承認」に変更しています。

スプレッドシートのステータスが承認

申請者に承認を通知するメッセージを送る

スプレッドシートのG列には、申請者のメールアドレスをとっておいてありますので、これを使って「承認されたよメール」を送ることができます。

その部分が、15~25行目ですね。

ちょっと、seneMessageと同じような表現があって冗長ですが、以降の記事で整理していきます(多分)。

申請者に送信されるGmailメッセージはこちらです。

Gmailメッセージで承認のお知らせ

Webページに承認内容を表示する

調子に乗って、承認者がURLを踏んだあとに表示されるWebページの表示も変更しました。

27~37行目です。

承認内容を箇条書きで表示するようにしました。

これで、以下のような表示になります。

承認後に表示されるWebページ

まとめ

以上、URLクリックで「承認」とするGASのスクリプトの作り方についてお伝えしました。

シンプルではありますが、これで一連の流れはできましたね。

ただ、各スクリプトで冗長な部分が散見されますので、そのあたりを修正したいですね。

また、「承認」だけでなく「否認」もできるようにしたいですよね。

次回以降、対応をしていきたいと思います。

GASで送信するGmailのメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする
Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作成する方法をお伝えしています。今回は、GASで送るGmailメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする方法についてです。

どうぞお楽しみに!

連載目次:初心者でも作れるGASによる簡単ワークフロー

スプレッドシート、Gmail、フォーム…Google Apps Scriptで操作できるアプリケーションはまさに「ワークフロー」を作成する上で必要なものが揃っています。ということで、このシリーズでは初心者でも簡単に作れるワークフローの作り方について解説をしていきます。
  1. 備品購入申請フォームをGoogleフォームで作成する方法
  2. Google Apps Scriptでフォーム送信時にメッセージを送るスクリプトの作り方
  3. Google Apps Scriptでフォーム送信した内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプト
  4. Google Apps Scriptで特定のURLを踏んだらスクリプトを動作させるdoGet関数の使い方
  5. GASでURLを踏んでスクリプトを動作させたときにパラメータを渡す方法
  6. 【GASで作るワークフロー】URLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方
  7. GASで送信するGmailのメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする
  8. GASのワークフローでURLのパラメータで承認・否認を切り替える方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました