GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法


unbrella

photo credit: Emil Pakarklis More Fun in the Rain via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

初心者ノンプログラマー向けとして「GASを使ってSlackにメッセージを送る」を目標に連載をお送りしております。

前回の記事はこちら。

GASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法
初心者ノンプログラマー向けとして「GASを使ってSlackにメッセージを送る」を目標に連載をお送りしております。今回はGASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法です。

天気予報APIのWeather HacksのJSONデータから天気情報を取り出す方法をお伝えしました。

さて、今回はいよいよSlackに天気予報を送りますよ。

ということで、GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法です。

では、行ってみましょう!

これまでのおさらい

天気予報APIから天気予報を取得する

まず、前回進めた部分ですが、天気予報APIから天気予報を取得する処理です。

こちらですね。

Weather HacksへHTTPリクエストを送り、そこから今日の天気や明日の天気を表すテキストを取り出しました。

例えば、「晴のち曇り」とか「曇時々晴」とかそういうテキストです。

これをSlackに送ってあげたいわけです。

Slackにメッセージを送る

Slackにメッセージを送るのは連載の最初から3記事分くらいで解説をしました。

Slackアプリを作り、Incoming Webhooksの機能を使ってWebhook URLを取得すれば、以下のコードでSlackに「Hello, World!」とメッセージを送信できるわけです。

今回は、これらのコードをガッシャンコして、Slackへ天気予報を送るアプリを完成させていきます。

Slackにテキストを送る処理

まず、Slackにテキストを送る処理から整えていきましょう。

関数名を「postSlack」に変更して以下のような関数にしました。

stringifyメソッドでオブジェクトをJSON文字列化する

変更点は7行目ですね。

JSONオブジェクトのstringifyメソッドは、JavaScriptのオブジェクトをJSON形式の文字列に変換するメソッドです。

parseメソッドの逆ですね。

JSON.stringify(オブジェクト)

payloadのtextプロパティに渡すデータが、パラメータtextを渡したいので、文字列リテラルのシングルクォートの中に入れられないんですね。

なので、いったん「{text: text}」というオブジェクトにしてあげて、それを文字列化するという処理にしています。

天気予報を取得してSlackへ送るテキストを生成する

一方、天気予報APIを叩いてそのレスポンスから天気予報を取り出し、文字列を生成して前述のpostSlackにわたす処理はこちらです。

formatDateメソッドで日付を整形して文字列化する

まず7行目をご覧ください。

予報の発表日時を表すpublicTimeは、そのまま出力すると「2019-08-17T17:00:00+0900」という若干読みづらい表記になりますので、GASのUtitiliesサービスのformatDateメソッドで日付を整形して文字列化しています。

Utilities.formatDate(日付, タイムゾーン, 書式)

日付はDateオブジェクトである必要があるので、受け取ったpublicTime(文字列型)を元にnew Dateで新たなDateオブジェクトを生成します。

タイムゾーンは日本なので「JST」でOKです。

書式は、年はyyyy、月はMM、日はdd、時はhhなどを入れ込んだ書式を指定すると、それぞれの文字数分の桁数でその日付を入れ込んだ書式に整形をしてくれるようになります。

Slackの修飾表記

続いて、11,12行目では文字列strBodyにSlackへ送る文字列を生成しています。

「*」で囲まれた部分は強調を表しまして太字になります。

「:sun_with_face:」は「顔つき太陽」の絵文字に変換されます。

また「>>>」以降は引用を表しますね。

このように、Slackでは記号の組み合わせで投稿メッセージに修飾することができます。

それはGASで生成した文字列でももちろんOKです。

あとは、そのpublicTimeとともに、天気予報のテキストをstrBodyに文字列化してpostSlackに渡せばOKですね。

Slackの修飾表記は他にもいろいろありますので、ぜひ調べてみてください。

天気予報をSlackに送る動作確認

では、動作確認をしていきましょう。

上記のpostSlackForecastを実行すると、Incoming Webhooksで設定したチャンネルに以下のように投稿が行われます。

Slackに送信する天気予報情報

バッチリですね。

まとめ

以上、GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法をお伝えしました。

天気予報APIからデータを取得し、Slack APIへデータを送る…ということで、HTTPリクエストに関して理解し、慣れるための良い題材になるのではないでしょうか。

次回ですが、次はSlackのスラッシュコマンドの実装にチャレンジしていきます。

どうぞお楽しみに!

連載目次:はじめてのSlackアプリでメッセージを投稿する

ビジネスチャットツールSlack、使ってますか?「Slackアプリ」を使うことでGASを通じてメッセージを投稿をすることができます。このシリーズでは初心者向けにSlackアプリの作り方を解説していきます。
  1. 【初心者向けGAS×Slack】はじめてのSlackアプリを作成しよう
  2. 【初心者向けGAS】Slackにメッセージを投稿するIncoming Webhookの最初の一歩
  3. 【初心者向けGAS】SlackアプリのIncoming Webhooksを使ってメッセージを投稿する方法
  4. 【初心者向けGAS】天気予報APIからのJSONをオブジェクトに変換する方法
  5. GASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法
  6. GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました