GASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法


umbrella

photo credit: www.ilkkajukarainen.fi 6Q3A6839 (2) via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

初心者ノンプログラマー向けとして「GASを使ってSlackにメッセージを送る」を目標に連載をお送りしております。

前回の記事はこちら。

【初心者向けGAS】天気予報APIからのJSONをオブジェクトに変換する方法
初心者ノンプログラマー向けに「GASを使ってSlackにメッセージを送る」を目標にお送りしております。今回は、天気予報API「Weather Hacks」のレスポンスをオブジェクトに変換する方法を紹介します。

天気予報APIのWeather Hacksから受け取ったJSONをオブジェクトに変換する方法をお伝えしました。

とはいえ、オブジェクトの中身は複雑です…

数ある情報の中から、欲しい情報を取得する必要があります。

ということで、今回はGASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法です。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

前回作成したスクリプトはこちらです。

天気予報APIのWeather Hacksにリクエストを投げて、受け取ったレスポンスであるJSON文字列をオブジェクト化してログ出力する…というものです。

オブジェクト化しても、東京の天気予報に関して、様々な情報が含まれていますから、その中からほしい情報だけ取り出して、Slackに送りたいですよね。

Weather HacksのJSONから今日の天気を取り出す

さて、Weather Hacksのレスポンスとして取得できるJSON文字列ですが、たくさんの情報が含まれています。

以下のページに「レスポンスフィールド」として、その構造について解説されています。

お天気Webサービス仕様 - Weather Hacks - livedoor 天気情報
第三者向け気象データ提供サービス「Weather Hacks」。Webサービス(Livedoor Weather Web Service / LWWS)とRSSフィード(RSS2.0)を中心としたデータを提供しています。

livedoor天気情報の仕様

わかったようなわからないような…

サンプルとして紹介されているJSONデータはこうなります。

だいぶ、構造が複雑に見えますね…ただし、JSON文字列はもはやJavaScriptのオブジェクトに変換されていますので、オブジェクトの値を取り出すルールに則れば、ちゃんと取り出すことができます。

JSONを変換したオブジェクトからほしいデータを取り出す

例えば、サンプルの冒頭部分を見てみましょう。

オブジェクト内のpublicTimeプロパティの値が「予報の発表日時」なので、ドット記法で以下のようにすれば取り出すことができます。

同様に、「タイトル・見出し」はtitleプロパティですから、以下で取り出せます。

「天気概況分」は、descriptionプロパティが返すオブジェクト内の、textプロパティなので、ドット記法をつなげて

とすれば、を取り出せます。

では、実際に取り出してみましょう。

こちらのスクリプトを実行した結果がこちらです。

GASでWeather Hacksから天気概況文、タイトル、公開日時を取得する

今日・明日の天気を取り出す

さて、おそらく一番ほしいのは、「今日の天気」や「明日の天気」ですね。

Weather HacksのJSONデータからどう取り出すかというと、「府県天気予報の予報日毎の配列」を表すforecastsプロパティというものがあります。

これは、今日の天気予報をインデックス0、明日の天気予報をインデックス1…として、それぞれ配列の要素として取得できます。

そして、その配列の要素がオブジェクトになっていて、いろいろな情報を持っています。

つまり、以下のようにすれば、今日の天気予報の天気を取得できるというわけです。

インデックスを1にすれば明日のやつですね。

では、以下スクリプトを実行して、動作を確認してみましょう。

結果はこちらです。

GASでWeather Hacksから天気予報を取得する

うまく取得できましたね。

まとめ

以上、GASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法をお伝えしました。

少し、コツがいりますが、JavaScriptのオブジェクトからのデータの取り出し方がわかれば大丈夫…なはず…!

次回は、Slackに取得したデータを送信していきます。

GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法
初心者ノンプログラマー向けとして「GASを使ってSlackにメッセージを送る」を目標に連載をお送りしております。今回は、GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法をお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:はじめてのSlackアプリでメッセージを投稿する

ビジネスチャットツールSlack、使ってますか?「Slackアプリ」を使うことでGASを通じてメッセージを投稿をすることができます。このシリーズでは初心者向けにSlackアプリの作り方を解説していきます。
  1. 【初心者向けGAS×Slack】はじめてのSlackアプリを作成しよう
  2. 【初心者向けGAS】Slackにメッセージを投稿するIncoming Webhookの最初の一歩
  3. 【初心者向けGAS】SlackアプリのIncoming Webhooksを使ってメッセージを投稿する方法
  4. 【初心者向けGAS】天気予報APIからのJSONをオブジェクトに変換する方法
  5. GASで天気予報API Weather HacksのJSONデータから欲しいデータを取得する方法
  6. GASとSlackアプリでSlackに今日の天気予報メッセージを送信する方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました