2019年の今年の漢字と振り返り、よい活動を重ねられた一年でした


stack

photo credit: hireahelper Six Stacks of Washi Tape via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

今年ももう大晦日になりました。時が経つのは早いものです。

2019年の漢字は「令」でしたね。元号が変わるというのは、なかなかないですもんね。

今年の漢字、2019年は「令」 | リセマム
 日本漢字能力検定協会は2019年12月12日、今年の世相を漢字一字で表現する年末の風物詩「今年の漢字」を発表した。京都・清水寺の森清範貫主が揮毫した漢字一字は「令」。

さて、私自身も毎年「今年の漢字」を決めております。

ということで、今年2019年の漢字について、また一年の振り返りをしていきたいと思います。

では、行ってみましょう!

2019年の今年の漢字

2019年、今年の漢字は「重」にしたいと思います。

あ、「重い」の意味ではなくて、「重ねる」の意味です。

独立してから、またはブログを開始してから4年半、コミュニティはじめて2年、書籍の出版も一冊重ねることができました。

総合的にいろいろと「重」ねてきたな~ということで。

2019年年始の宣言と振り返り

ブログを日々書いているものですから、年始にはいつも「今年はこれやる」と宣言するような記事をいくつか書いているんですね。

それに沿って今年の振り返りを…!

ブログ・書籍について

まず、以下の記事で書くこととコミュニティについて、あれこれ目標を書いておりました。

ペンの力とコミュニティ~「働く」の価値を上げるために2019年にやりたいこと
明けまして、おめでとうございます!2019年も引き続き「日本の『働く』の価値を上げる」をテーマに活動をしていきます。その延長線上で、ブログ、書籍、コミュニティという軸で2019年やりたいことを書いております。

ブログ・書籍については、こんなふうに書いてます。

  • ブログは毎日1本ペースで頑張る
  • 月間100万PVはどこかで達成したい
  • パーフェクトVBA(仮)を出版

記事数は、今年は本記事含めて249本。達成率は約70%くらいですね。まずまずかと。

月間100万PVは2019年7月に見事に達成することができました!

ブログ100万PV達成記念スペシャル!普段は聞けない?執筆メンバーのマル秘トーーク!
2015年2月に開設した当ブログ、おかげさまで100万PVを達成しました!100万PV達成記念企画!執筆メンバーによるマル秘トークをお届けします。隣ITで執筆してみてどんな成長があった?

まあ、数字自体にたいした意味はないですが、大台の数字を公言できるのはメリットありますね。

「パーフェクトExcel VBA」は11/25になんとか出版することができました。長かった…!

書籍「パーフェクトExcel VBA」発売についてのお知らせ
Excel VBAの本格的な解説書「パーフェクトExcel VBA」が技術評論社さまから発売されました!本ページでは、本書のお知らせ、書評などの情報を発信していく特集ページです。

本書に関しては、発売からわずか2週間で重版が決まりました…ありがたし。

そして、「Excel VBAを実務で使い倒す技術」と「詳解!GoogleAppsScript完全入門」も順調に推移して、それぞれ第6刷となりました。

コミュニティ

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会もスタートして2年となりました。

それについては、年始にこのように申しておりました。

  • イベントで私以外のメンバーに登壇してもらう
  • 全国に出向いて、各地にチームの種をつくりたい
  • コミュニティ内で初心者向け講座を開催する

毎月行っているメインのオフラインイベント「定例会」ですが、ゲストも含めてのべ11名の方がご登壇されました。

定例会だけでなく、ファミプロイベントや「はじめてのノンプロ研」イベントでもご登壇いただいたり、もくもく会のモデレーターもたくさんの方にお手伝いいただいています。

地方イベントは、大阪が3回、仙台が1回、高松が1回と精力的に赴けたかなと思います。

大阪(現在12名のメンバーがいます)以外はチームとしてはまだまだこれからですが、地道にがんばります。

コミュニティ内のプログラミング講座は、初心者向けVBA・GAS・Python、そして中級VBAの4コースで、計7講座開催。のべ108名が受講されました。

しかも、講師やティーチング・アシスタント(TA)もメンバーにお願いして、「教えることは2度学ぶこと」の層が重なり、その輪が広がりつつあります。

これからどんどん広がるのが楽しみであります。

プログラミングについて

プログラミングについてはこんなことを言ってました。

  • VBA
    • ライブラリ活用について発信や貢献したい
  • Google Apps Script
    • GCPの門戸を開きデータベースの課題を解決したい
    • Vue.js+HTML活用でUIの課題を解決したい
  • Python
    • ノンプログラマー向けのアウトプット
2019年プログラミング言語別に考えていること、やりたいこと
明けましておめでとうございます。ノンプログラマー向けのプログラミングという視点で、2019年にプログラミング言語VBA、GAS、Pythonについて考えていること、やりたいことをお伝えします。

VBAに関しては、そこまで手が回りませんでしたね…

ただ、GASのほうですが、データベースの問題とUIの問題は、「App Maker」が解決するのではないかと、研究と発信を重ねました。

はじめてのCloud SQLによるApp Makerアプリ開発、その概要と経緯と道筋
App MakerについてGCPのCloud SQLを使った事例についてのシリーズを開始します!今回は、はじめてのCloud SQLによるApp Makerアプリ開発、その概要と経緯と道筋についてです。

また、GASから直接「Cloud SQL」を操作するシリーズも連載開始しました。

GASのデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリット
今回から、GASからJDBCサービスを使ってCloud SQLを操作する方法をシリーズでお伝えしていきます。まずデータベースとして、なぜCloud SQLが有効なのか?その概要とメリットについてお伝えします。

App MakerとCloud SQLについては、まだまだノンプログラマー向けに地ならしが必要と思いますので、がんばります。

Pythonについては、ノンプロ研講座でも初心者講座を開催し、また「ノンプログラマーが動かして覚える入門Python仕事術(仮)」(通称「ノンプロPython」)の執筆が開始しました。

Python自体は大注目の言語なのですが、ノンプログラマーにとって、何をどう目指すべきか…かなり混沌としております。

ただ、今年の活動を通して見えてきたところもあるので、来年に書籍として、講座としてアウトプットできればと思います。

ワークスタイルと家庭

ワークスタイルと家庭については、以下のように宣言していました。

  • 家族で出張に行く
  • 食洗機、ロボット掃除機、家事代行サービス
2019年のワークスタイルを良くするために家庭に投資をしよう
今年やりたいこととしては、もう一つ別の切り口がありまして、それはワークスタイルについてです。それで、そのワークスタイルを良くするために、家庭に投資をしようという結論にいたりましたので、お伝えしていきます。

家族での出張は、ノンプロ研イベントや仕事に合わせて、仙台、浜松、大阪、高松へ出向きました。

後者は…たいへん申し訳ございません…来年こそは…!!

あと、家族関連のトピックとしては、コミュニティで「ファミプロ」をスタートしました。

ファミリー向けプログラミング研究会「ファミプロ」のKickOffイベントを開催しました
コミュニティ「ノンプロ研」では、子どもたちも含めた家族向けプログラミング学習活動をしていこうとなりました。今回は、ファミリー向けプログラミング研究会「ファミプロ」のKickOffイベントレポートです。

毎月1回ペースで開催してまして、今は「お父さんと子供がファミプロに参加して、奥さんがひとりの時間を作れる」というニーズを満たしておりますw

まとめ

以上、2019年の振り返りをお送りしました。

全体として、いい活動を重ねられた一年だったかなと思います。

ともにアクティブに活動してくださっているノンプロ研のみなさん、ブログや書籍を応援してくださっているみなさん、そして家庭で支えてくださっている奥さんと息子へ感謝したいと思います。

そして、初心忘るべからず、あぐらをかかず、おっさんでも常にチャレンジ!

引き続き、皆さんの「働く」の価値を上げるべく、活動を重ねてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました