Python初心者&Windowsユーザー向けJupyter Notebookとそのはじめかた


Project Jupyter

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Python初心者のWindowsユーザー向けにAnacondaをベースにした開発環境についてお伝えしています。

Anacondaのインストールについては以下の記事で紹介しています。

【Python】非エンジニアWindowユーザー向けのAnacondaインストールの手順
非エンジニアのWindowsユーザーがPythonを学び実務で使うことを目標にいくつかの記事を書いてきました。そろそろワンランク上の環境を…ということで、Anacondaの紹介とインストールについて解説します。

弊ブログではエディタとして、PyCharmやVS Codeを紹介していたりします。

【ノンプログラマー向けPython】統合開発環境「PyCharm」のインストールと初期設定
非エンジニア&Windowsユーザーのための開発環境作りについてお伝えしています。今回は、Python専用高機能IDEのPyCharmについて、またそのインストールと初期設定についてお伝えしていきますよ。
Pythonを開発するエディタVisual Studio Codeについてとそのインストール手順
非エンジニアのWindowsユーザー向けに、AnacondaとVisual Studio CodeでPythonの環境を作る手順をお伝えしています。今回はエディタVS Codeのインストールについてです。

ですが、もうひとつ別のアプローチとしてJupyter Notebookを紹介したいと思います。

上記のエディタとはまた別の得意分野、作業体験ができるもので…

ぜひ、お好みのものをチョイスしていただければと!

ということで、今回はPython初心者&Windowsユーザー向けJupyter Notebookとそのはじめかたについてお伝えします。

では、行ってみましょう!

Jupyter Notebookとは

Jupyter Notebookとは、ひとことで言うとプログラムを実行・記録することができる対話型ブラウザ実行環境です。

読み方は「ジュピターノートブック」です。

「Project Jupyter」という非営利団体が管理している、オープンソースプロジェクトで開発されています。

Project Jupyter

Project Jupyter
The Jupyter Notebook is a web-based interactive computing platform. The notebook combines live code, equations, narrative text, visualizations, interactive dash...

かつては、Python専用の「IPython Notebook」という名称でしたが、そこから分離されて多数のプログラミング言語をサポートするようになりました。

それで、その主なプログラミング言語である「Julia」「Python」「R」を組み合わせて「Jupyter」と命名されたそうです。

Jupyter Notebookの画面とノートブック

Jupyter Notebookの画面のイメージはこんな様子です。

Jupyter Notebookの画面イメージ

この画面で編集したPythonのスクリプト+実行結果+Markdownなどで記述したメモをまとめたものが「ノートブック」となります。

…なんか、今までのやつとだいぶ違いますね。

まあ、このシリーズでじっくり丁寧に紹介しますので、お付き合いくださいませ。

「セル」単位で編集・実行

最も特徴的なのが、「セル」と呼ばれる単位でPythonのコードの編集・実行をするということです。

VS CodeやPyCharmなどのエディタでは、スクリプトを実行しますが、その際には基本的にファイルの最初から最後までを一気に実行します。

しかし、Jupyter Notebookでは、「セル」というブロック単位で、少しずつ編集・実行をしていきます。

つまり、ブロックずつ編集して実行→結果に応じて修正→修正したところを実行→…といったように、小さい単位でコーディングと動作確認を重ねて作業を進められるのです。

開発環境兼レポート作成ツール

Jupyter Notebookはコードを編集して実行するだけでなく、コードと、その結果・経過、メモをまとめてノートブックとして保存、共有ができます。

結果や経過の表示は表やグラフも含めて美しく出力する機能が充実していますし、Markdown形式による文書作成も可能。

つまり、実行した結果をスクリプト+レポートとしてそのままレポートとして提出・共有することができます。

よく実験などで、プログラムの計算結果を表やグラフ化して、文書に埋め込み…という作業が発生するのをイメージしていただければと思いますが、そのすべてをJupyter Notebookで実行できるということですね。

主にデータ分析用ツールとして紹介されていますが、ノンプログラマーにも新たな開発体験を味わわせてくれます。

Jupyter Notebookのはじめかた

では、Jupyter Notebookをはじめていきましょう!

Anacondaをインストールしたのであれば、Jupyter Notebookは同時にインストールされていますので、新たにインストールする必要はありません。

インストールしていない場合は、前回の記事を頼りにどうぞ。

Windows キーでスタートメニューを立ち上げて、「jup」などと入力すると絞られて表示されるので「Jupyter Notebook(Anaconda3)」を選択して起動します。

WindowsのスタートメニューからJupyter Notebookを起動する

すると、ブラウザの新しいタブに以下のような画面が開きます。

これがJupyter Notebookのダッシュボードです。

Jupyter Notebookのダッシュボード

ブラウザに表示されていますが、この画面にはローカルの「C:\Users[ユーザー名]」のフォルダの内容が表示されていることに注目してください。

ちなみに、URLは「http://localhost:8888/tree」となっていますね。

あと、以下のような黒いウィンドウも表示されます。

Jupyter Notebookの黒いウィンドウ

この黒いウィンドウはJupyter Notebookを使用している間は消しちゃダメです。

邪魔だからといって消してしまうと、例えば以下のように動作しなくなっちゃいますのでご注意を。

Jupyter Notebookで新規ファイル作成に失敗

先ほどのダッシュボードから、ノートブックを作成していくわけですが、それについては次回以降でお伝えしていきますね。

まとめ

以上、Python初心者&Windowsユーザー向けJupyter Notebookとそのはじめかた
についてお伝えしました。

次回、Jupyter Notebookを使ってPythonを実行していきます。

初心者向けJupyter NotebookでPythonを動かす最初の一歩
Python初心者のWindowsユーザー向けにAnacondaをベースにした開発環境についてお伝えしています。今回は、初心者向けJupyter NotebookでPythonを動かす最初の一歩です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプロPython~Jupyter Notebookの使い方

Python初心者のノンプログラマーがAnacondaをベースに開発環境を作るなら、ぜひこちらも使ってもらいたい「Jupyter Notebook 」。このシリーズでは、その基本や使い方についてお伝えしていきます。
  1. Python初心者&Windowsユーザー向けJupyter Notebookとそのはじめかた
  2. 初心者向けJupyter NotebookでPythonを動かす最初の一歩
  3. 【ノンプロPython】Jupyter Notebookのノートブック名の変更とシャットダウンについて

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました