Google Apps Scriptでサイドバーのボタンを押してGAS側の関数を呼び出す方法


call

photo credit: karlsbad Call via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

GASでサイドバーを作成する方法についてお伝えしています。

前回の記事はこちらです。

GASでサイドバーを作る際にJavaScriptを別ファイルに分離する方法
Google Apps Scriptでサイドバーを作成する方法をお伝えしています。今回は、GASでサイドバーを作る際にJavaScriptをプロジェクト内の別ファイルに分離する方法についてお伝えします。

JavaScriptのコードをHTMLとは別のファイルに分ける方法をお伝えしました。

さて、サイドバーのボタンを押して「翻訳」つまりLanguagesサービスを使っていきたいのですが、その場合はGoogleサーバー内のGASのスクリプトで実行しなくてはいけません。

つまり、クライアント側のJavaScriptからサーバー側のGASを呼び出すということになります。

ということで、今回はGASでサイドバーのボタンを押してGAS側の関数を呼び出す方法をお伝えします。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

まず前回のおさらいからです。

前回、JavaScriptとCSSの部分を別ファイルに分割しましたので、全部で4つのファイルで構成されるプロジェクトとなりました。

まず、唯一のGAS側のコードの「コード.gs」。こちらは、「index.html」の内容をもとにサイドバーを表示するスクリプトです。

表示するサイドバーの内容はこちらの「index.html」。

そして、その中に埋め込むJavaScriptおよびCSSを記述するファイルはこちらです。

js.htmlですが、サイドバーの「Translate」「Insert」をクリックすると、アラートを表示するという内容でした。

サイドバーのボタンクリックでGASの関数を呼び出したい

「アラートの表示」はブラウザの操作ですから、クライアント側のJavaScript、つまり「js.html」内にJavaScriptを書いてそれを動作させれば良かったのです。

ただ、翻訳をしたり、ドキュメントにテキストを挿入したり…それについては、ブラウザでは動きません。

GASはサーバーで動作しますので、「コード.gs」などのgsファイルに書かないといけないのです。

まあ、ダメ元で、ひとまず、書いて、みましょうか。

例えば、「コード.gs」に以下のような新しいfunctionを書いて保存します。

それで、「js.html」のほうの関数translateTextを以下のように変更します。つまり、単純に「コード.gs」の関数logTestを呼び出してみようというわけです。

実行して、ボタンをクリックすると…何も起きませんね。ログ出力するだけですから。

で、ログを確認すると…

ログには何も出力されない

何にも出力されません。GASの関数logTestの呼び出しに失敗しているのでしょうか。

では、確認のためにChromeブラウザをお使いであれば F12 を押して、デベロッパモードを開いてみましょう。

デベロッパーモードでエラーを確認する

logTest is not defined

「logTestが定義されていません」というわけですね。

つまり、クライアント側JavaScriptから、そのままサーバー側GASの関数は呼び出せないんです。

なお、このようにクライアント側のJavaScriptの動作はデベロッパーモードで確認することができますので、ご活用くださいね。

GASの関数を呼び出すgoogle.script.run

では、どうすればよいでしょうか?

GASには、クライアント側JavaScriptからサーバー側の関数を呼び出すための命令が用意されています。

google.script.runです。

google.script.run.関数名(引数1, 引数2,…)

これでOKです。

では、先程の「js.html」のコードを変更します。

これを保存して、サイドバーを再度表示、ボタンをクリックしてログを確認します。

クライアント側JavaScriptからデータを渡してログ出力された

このように、クライアント側JavaScriptから渡したデータをもとにログ出力ができていますね。

サーバー側の関数logTestを呼び出すことができました。

これで、サイドバーのボタンクリックで、GASの機能呼び放題です…!

まとめ

以上、GASでサイドバーのボタンを押してGAS側の関数を呼び出す方法をお伝えしました。

google.script.run、便利ですね!

次回は、今回呼び出したGASの関数から戻り値を受け取る方法です。

Google Apps Scriptでサイドバーから呼び出したGAS関数からその戻り値を受け取る方法
GASでサイドバーを作成する方法についてお伝えしています。今回はGoogle Apps Scriptでサイドバーから呼び出したGAS関数からwithSuccessHandlerでその戻り値を受け取る方法です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:GASで初めてのサイドバーを作ろう!

Google Apps Scriptではスプレッドシートやドキュメントの業務を手助けするサイドバーを自作することができます。このシリーズではHTMLを学びながらサイドバーの作り方を易しく紹介していきます。
  1. Google Apps Scriptでサイドバーを作る方法のはじめの一歩の概要編
  2. Google Apps Scriptで最も簡単なサイドバーを作成する方法
  3. Google Apps Scriptでサイドバーを作るための初めてのHTML基礎知識
  4. GASでサイドバーを作るときに使用するいくつかのフォーム部品の作り方
  5. GASによる自作のサイドバーにCSSパッケージを適用する方法
  6. GASのサイドバーをdivタグ&class属性でスタイル設定する
  7. Google Apps Scriptでサイドバーのボタンを押して動作させる方法
  8. GASでサイドバーを作る際にJavaScriptを別ファイルに分離する方法
  9. Google Apps Scriptでサイドバーのボタンを押してGAS側の関数を呼び出す方法
  10. Google Apps Scriptでサイドバーから呼び出したGAS関数からその戻り値を受け取る方法
  11. Google Apps Scriptのサイドバーでテキストエリアを翻訳するスクリプト
  12. GASでGoogleドキュメントのカーソル位置にテキストを挿入する方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

コメント