ファミプロを通して大人が学ぶ機会をもっと作らなきゃと思った話


ファミプロ

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」は、ノンプログラマーがプログラミングをはじめとするITスキルを学び合うコミュニティです。

先日、10月度の家族向けイベント「ファミプロ」が開催されましたので、そのレポートをお送りします。

ちなみに当日の様子は以下、Togetterのツイートまとめもご覧くださいませ。

ノンプロ研 ファミリー向けプログラミング研究会 Vol.5 親子もくもく会
ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会、通称「ノンプロ研」。家族でプログラミングを学ぶイベント「ファミプロ」を開催しています。今回は19年10月の親子もくもく会の様子をまとめました。

諸事情により、私のひとり語り的なツイート群になっております。

ということで、ファミプロを通して大人が学ぶ機会をもっと作らなきゃと思った話です。

さ、では、行ってみましょう!

ファミプロをなぜ始めたのか?

そもそも「ノンプロ研」は、働く大人がプログラミングを学ぶコミュニティですが、今年の5月から、家族で参加できるイベントを開催していまして、それが「ファミプロ」です。

小学生でのプログラミング教育が必修化となったこともあり、世の中では子どもたちにプログラミングを学ばせる場、教材などがブームになりつつあります。

それ以外にも、進学塾はもちろん、プログラミング、英語など、日本の大人はとても教育熱心です。

それ自体はいいことだと思うのです。

が、大人側にすごく課題があると感じてます。

先日の発表されたパーソル総合研究所による「APACの就業実態・成長意識調査」で、衝撃的なレポートがありました。

勤務先以外での学習や自己啓発について、日本は「特に何も行っていない」が46.3%で、14の国・地域で最も高い。2位のニュージーランドと比べて24.2ポイントも差があり、断トツで自己研鑽していない。

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せず - パーソル総合研究所
パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに 国際競争力低下の懸念。日本で働く人の46.3%が社外で自己研鑽せず 日本で働く人で管理職志向があるのは21.4%にとどまり、14の国・地域で最下位ダイバーシティ受容度も最低。日本は女性上司や外国人と働く抵抗感が最も高い 総合人...

肌感では、そんな気がするとは思っていましたが、定量的に出されるとショックですね…。

せっかく子どもたちにプログラミングを学習してもらうなら、大人たちが意欲を持って学習している環境で一緒にやるのがいいのでは?

というのが、ファミプロの発端となっています。

ファミプロもくもく会

今回の内容は「ファミプロもくもく会」

前半は各々が持ち寄った課題を発表後、もくもくとそれに取り組みます。

未就学児はプログラミングおもちゃ、小学生はScratchがメインでした。

大人もGoogleドキュメントやスライドで資料作成をしたり、Pythonをやったり。

おやつタイム(今回はわらび餅と大判焼き)を挟んで、ショートプレゼンと全員発表です。

ショートプレゼンは きのぴぃ からの主に小学生向けで、「好き」と「得意」が増えると大人になると楽しいよ、というお話

好き・得意の掛け算…子どもたちも一生懸命聴いてましたが、大人にも役立つ内容でした。

タカハシが未就学児を担当する作戦

さて、前回までのファミプロで、なんとなく以下のような課題があったように感じていました。

  • 奥さまやパートナーなど女性陣(特に未就学児を子供に持つ)が子守担当になりがち
  • タカハシ、いつもの大人のもくもく会と同じようなことをやりがち

特に、育児中の奥さんたちは、スキルアップしようと思っても、なかなか自由な時間がないと思います。

なので、今回は私タカハシが未就学児を見るので、他の皆さんはそれぞれのやりたいことに打ち込んでもらおうという作戦です。

これで、全体としてイベントの価値が、よりいっそう高まるのではないかと。

ただ、今回は未就学児は3歳と4歳のお二人で、しかもけっこう常連(w)なので、そんなに手がかからないというのもありました。

あと、1人くらいはいける…!

ファミプロに参加しているお父さんたちは猛者ばかりなので、子供はタカハシに預け、その間にいろいろとITスキルを上げるのに良い機会になるかと思います。

初参加、お待ちしていますよ~。

小学生たちはScratchが主戦場に

小学生は3年生と、5年生がScratchにチャレンジしていました。

ふたりともはじめたばかりですが、それなりにゲームとしてかたちになってきていて、ばっちり成長しているなと感じました。

発表もきちんとしていますし、 きのぴぃ のプレゼンにも質問やギャグなど混ぜながら、きっちりついて来ていました。いい体験です。

しかし、Scratchはもう、プログラミング教育ではデファクトスタンダードのポジションを取りつつありますね。

プログラミング学習の導入でScratchが一番使われている理由
~無料で手軽に利用できるScratch(スクラッチ)の特長とメリット~ ユーバー プログラミングスクール 代表 中村里香 小学校でのプログラミング教育必修化が目前に迫りました。目覚

先日、NHKの「Why!?プログラミング」のフェスが開催されていた放送を観たのですが

  • 機械学習による動画認識で手話を通訳する
  • ざるにセンサーをつけてどじょう救いゲームを作る
  • スクランブル交差点の交通シミュレーション

とか、本当に小学生?というようなアイデアが登場していて衝撃を受けました。

ワイワイプログラミング | NHK for School
NHKは、学校放送番組やウェブサイト、アーカイブス、イベントなど、学校向けのさまざまなサービスを展開しています。

Scratchができるのはもう当たり前で、みんな「課題」をちゃんと見つけてきて、それ対してScratchでどう解決するかというストーリーがきちんとありました。

その先、自分なりのカラーをいかに出していくか、もう小学生たちはそういう戦いをしてます。

大人のみなさん、ちゃんと「課題」に向き合ってます?その解決に必要なスキルを身に着けようとしています?自分なりのカラー、ありますか?

ということで、子どもたちはもちろん、大人たちがちゃんと学べる、そういう場にしていきたいという思いをより強く固めた次第です。

次回は「小学生ロボコン」ノンプロ研バージョン

次回のファミプロは11/17(日)ですが、スペシャルイベント『「ユカイな生き物ロボット」で遊ぶ小学生ロボコン ノンプロ研Ver.』です。

前回、ユカイ工学さんにお邪魔した夏休みスペシャルで遊んだ「ユカイな生きものロボットキット」による、小学生ロボコンにチャレンジするという企画です。

小学生ロボコンはこちら。

小学生ロボコン
日本全国のロボコン好きの小学生のみなさん、お待たせしました! ついに君たちのための大会が始まります。アイデアを生かして「ものづくり」に取り組みながら、プログラミングも学べる初めての大会です。

前回のファミプロ夏休みイベントのレポートはこちらです。

ノンプロ研のファミプロで「ロボット作り体験&ロボット操作もくもく会」を開催しました
先日開催されたノンプロ研の家族向けイベント「ファミプロ」は、株式会社ユカイ工学さんの全面協力のもと「ロボット作り体験&ロボット操作もくもく会」を開催することができました。今回はそのレポートをお送りします。

みなさまの参加をぜひお待ちしております~

まとめ

以上、先日のファミプロレポート、ファミプロを通して大人が学ぶ機会をもっと作らなきゃと思った話でした。

いずれにしても、参加している子どもたちはキラキラしてて楽しそうなので、その才能がのびのびできるようにサポートしていきます。

そして、子供連れの大人は来るだけでもヘトヘトになるので、それ以上に価値の高い場にしないとなと気を引き締めて、見守りおじさん頑張ります。

これからのファミプロもどうぞお楽しみにしてくださいませ!

「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」について

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」では、毎月の定例会や勉強会、Slackでのやり取りを通して、皆さんのプログラミング学習の質やモチベーションを高めるための活動をしています。 過去の活動については、以下のページをご覧ください。
コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」の活動レポートまとめ
コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」(略して「ノンプロ研」)。このページはその活動レポートまとめページです。コミュニティ活動の一気読みをされたい方、ぜひご活用くださいませ。
ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております!
コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」についてのお知らせ #ノンプロ研
ノンプログラマーがVBA・GAS・Pythonなどのプログラミングを学ぶコミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」が絶賛活動中です!本ページはコミュニティの情報発信をしていく特集ページです。

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました