Gitでプルリクエストをマージされたリモートリポジトリをプルする方法


pull

photo credit: ☼☼HAPPY NEW YEAR!!!☼☼ Pulling Weeds via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

GitHubでプルリクエストを確認しコメントをしてマージをする
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、GitHubでプルリクエストを確認しコメントをしてマージをするをお伝えしていきます。

GitHubでプルリクエストをマージする方法をお伝えしました。

さて、めでたく初回のプルリクエストをマージしてもらえました。

執筆者の立場では、その結果はどう見られるでしょうか?

今回は、Gitでプルリクエストをマージされたリモートリポジトリをプルする方法です。

なお、技術書の制作をお題として進めていますので、事前順次や前提についてはこちらの記事からご覧いただければと思います。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

まずは、前回までのおさらいです。

編集者と執筆者の二人で、以下の3つのリポジトリを共同執筆作業を進めています。

  • GitHub上の共有・共同作業用のリモートリポジトリ
  • 編集者のローカル環境のローカルリポジトリ
  • 執筆者のローカル環境のローカルリポジトリ

執筆者が執筆を開始して一段落のところまで進めましたので、リモートリポジトリにプッシュした上で、プルリクエストを送りました。

それで、前回の記事で編集者がそのプルリクエストをレビューして、問題がなかったのでマージするというところまで進めました。

今回は、執筆者の立場に切り替えて、マージされた後の作業を進めていきましょう。

マージされたことの通知

プルリクエストがマージされると、リクエストを送ったユーザーには、GitHubからのメールでその旨が通知されます。

以下のようなメールですね。

マージやコメントにはメールで通知

マージされたときだけでなく、コメントなども通知されていますね。

コミット履歴を確認する

では、ちゃんとマージされているのか確認していきましょう。

コミットの履歴を確認する場合は、git logコマンドでしたね。

ちなみに、以下のように「--online」オプションを付与すると、一行で確認することができます。

git log --oneline

実行すると…

git logコマンドで履歴を確認する

…おや?マージコミットが最新のはずですけど、表示されていませんね?

そうでした。今、確認しているローカルリポジトリには、まだリモートリポジトリの変更履歴が反映されていませんでしたね。

リモートリポジトリをプル

ということで、ローカルリポジトリにリモートリポジトリの変更履歴を取り込むために、プルをする必要があります。

プルをするには、git pullコマンドでしたね。

「git pull」に続けて、リモートリポジトリ名、ブランチ名でした。

git pull origin master

実行します。

git pullコマンドでプルをする

再度、git logコマンドでコミット履歴を確認しましょう。

git log --oneline

git logコマンドで履歴を確認する

きちんとマージコミット「Merge pull request #1 from nonpurokun/ntaka」が履歴に登場しました。

ちなみに、コミット履歴をもうちょっと見やすくするために、「--graph」というオプションを付与することができます。

git log --oneline --graph

実行結果がこちらです。

graphオプションをつけたgit logコマンド

各ブランチの履歴をアスキーアートを使って視覚的に(若干ですが)確認することができます。

続けて執筆をしていく

ここまでが、1ターンとなります。

またこの後、執筆とコミットを重ねていきます。

キリのいいところで、プッシュをして、GitHubでプルリクエストをして、編集者にレビューを依頼する…というルーチンを繰り返します。

今回、以下のような部分まで進めて、そこまでのコミット履歴をプッシュ、そしてプルリクエストをしました。

続けて執筆をした原稿

しかし、実はこの原稿、画像を埋め込んでいるのですが、その表示する画像をフォルダに格納するのを忘れちゃっているんですね。

これをプルリクエストしたら、編集者さん困っちゃいますね。

でも、次回なんとかして確認してもらいましょう。

まとめ

以上、Gitでプルリクエストをマージされたリモートリポジトリをプルする方法をお伝えしました。

次回は、本文中でも触れましたが、原稿の修正が必要な場合のレビューについてお伝えしていきます。

GitHubのプルリクエストをレビューして修正を依頼する方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、GitHubのプルリクエストをレビューして修正を依頼する方法を紹介します。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプロ向けGit・GitHubで技術同人誌を共同制作しよう!

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」の活動をより魅力的にすべく、メンバーの皆さんと技術同人誌を制作するプロジェクトをスタートしました。このシリーズでは、プロジェクトの概要や、ベースとなる技術情報をお伝えしていきます。
  1. 技術同人誌とそのメリット&ノンプロ的な作り方の手順について
  2. 【ノンプログラマー向け】Gitによるバージョン管理の超基礎知識
  3. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをインストールする方法
  4. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitの初期設定
  5. Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定
  6. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
  7. ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法
  8. 【ノンプログラマー向け】Gitでリモートリポジトリのクローンをする方法
  9. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitのコミットをして変更履歴を記録する方法
  10. Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法
  11. GitHubで他のユーザーをリモートリポジトリに招待して承認してもらう方法
  12. 【Windows版】リモートリポジトリをローカルにクローンをする方法
  13. Gitのブランチとは何か?またブランチを作成、切り替える方法
  14. Gitで原稿の変更履歴をコミットし、リモートにプッシュする方法
  15. GitHubのレビューとプルリクエストについて、およびその作成方法
  16. GitHubでプルリクエストを確認しコメントをしてマージをする
  17. Gitでプルリクエストをマージされたリモートリポジトリをプルする方法
  18. GitHubのプルリクエストをレビューして修正を依頼する方法
  19. GitHubのプルリクエストに対するレビューの修正に対応する方法
  20. GitHubでプルリクエストの修正対応を確認してマージをするまで
  21. GitHubでレビュアーが修正コミットをしてマージをする方法

タイトルとURLをコピーしました