Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定


apple

photo credit: D. Marzocchi Mele via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをの初期設定
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitの初期設定についてお伝えします。

Windowsユーザー向けのGitの初期設定についてお伝えしました。

さて、今度はMacユーザー向けのGitのインストールと初期設定についてお伝えしていきます。

ということで、Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定です。

ちなみに、Windowsの方は以下の記事をご参考ください。

Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをインストールする方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをインストールする方法をお送りします。

では、行ってみましょう!

Mac版Gitのダウンロードについて

では、Mac版Gitのダウンロードから見ていきましょう。

以下、Gitのダウンロードページにアクセスします。

Git - Downloads

「Mac OS X」をクリックします。

GitのMac版をダウンロード

すると、何やらいくつか方法があるよ…と書いてありますね。

一番上に「Homebrew」とありますが、これはなんでしょう?

HomebrewでのGitインストールの方法

Homebrewとそのインストール

Homebrewとは

で、Homebrewとは何ものかということなのですが、Homebrewはパッケージ管理ソフトです。

Macへのアプリケーションのインストールや、アップデートなどの管理を簡単にしてくれるツールです。

読み方は、「ホームブルー」が実際の発音に近いそうです。

Homebrewは、CLIによるコマンド操作が必要になりますが、Macの場合はこれを使ったほうが圧倒的に簡単で、他のアプリケーション管理にも使えますので、これを機にインストールをして使ってみましょう。

Homebrewのインストール

Homebrewをインストールするには、以下のHomebrew公式ページにアクセスします。

Homebrew
The Missing Package Manager for macOS (or Linux).

すると、「インストール」の下にあるコマンド文字列をコピーします。ファイルアイコンをクリックでコピーできます。

Homebrewのページ

次に、ターミナルを立ち上げます。

Macのターミナル

Macの場合は、HomebrewもGitもこのターミナルから操作しますので、仲良くしましょう。

そして、プロンプト記号「$」の後ろに、先ほどのコマンドをペーストして、 Enter でコマンド実行します。

Homebrewのインストール

あとは色々とインストールのようすが表示されますが、「Installation successful!」と出ればOKです。

途中でパスワードを求められることがありますので、その場合はMacにログインする際のパスワードを入力して Enter です。

ターミナルのプロンプト表示の意味について

いったんここで、ターミナルのプロンプト表示について確認しておきましょう。

以下図をご覧ください。

Macターミナルのプロンプト表示

コロン記号「:」の前の部分がコンピューター名、コロンの後ろがカレントディレクトリを表します。

その後の「takahashinoriaki」の部分がユーザー名で、「$」がプロンプトです。

このプロンプトの後に続けてコマンド入力ができるのは、先ほど試したとおりですね。

Gitをインストールする

では、次はHomebrewを使って、Gitをインストールします。

ターミナルで、以下のbrew installコマンドを実行しましょう。

brew install git

何やら、インストールのようすが表示されます。

完了したら、以下バージョンを表示するコマンドを入力、実行して、Gitがインストールされたかを確認しましょう。

git --version

git --versionでバージョンを確認

場合によっては、「git 2.xx.x is already installed」と表示される、つまりMacにすでにGitがインストールされていることが、あるかもしれません。

その際は、以下のbrew updateコマンドで最新のバージョンにアップデートできます。

brew upgrade git

Gitの初期設定

ユーザー名とメールアドレス

Windows版と同様に、Mac版でもGitにユーザー名とメールアドレスを設定しておく必要gああります。

以下のgit configコマンドでそれぞれ設定しましょう。

git config --global user.name ユーザー名
git config --global user.email メールアドレス

git configでユーザー名とメールアドレスを設定

git config --list

git configで設定情報を確認

エディタをVS Codeに設定する

続いて、エディタをVS Codeに設定します。

VS Codeをまだインストールしていない場合は以下記事などを参考にインストールしてください。

MacOSでVisual Studio Codeをインストールする手順 - Qiita
Visual Studio Codeとは通称VSCodeと呼ばれ、Microsoft社が開発したテキストエディタです。 他のテキストエディタに比べ、HTMLやCSSなどを書く時の補助的な機能が揃っているため、多くのプログラマやWeb...

Gitでエディタを設定するには、以下のgit configコマンドです。

git config --global core.editor “code --wait”

確認は以下のように行なえます。

git config core.editor

git configでエディタを設定する

ただ、Macの場合はVS Code側で、ターミナルからcodeコマンドを使えるように設定する必要もあります。

VS Codeを起動して command + shift + P でコマンドパレットを呼び出します。
「shell」などと入力すると出てくる「Shell Command: Install ‘code’ command in PATH」を選択すれば設定完了です。

VS Codeをcodeコマンドから呼び出せるようにする

再びターミナルに戻り、以下のcodeコマンドを実行して確認しましょう。

code .

以下のようにVS Codeが起動するはずです。

codeコマンドでVS Codeを起動

まとめ

以上、Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定についてお伝えしました。

Gitの準備はできましたので、次はGitHubの準備を進めていきましょう。

【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、ノンプログラマー向けにはじめてのGitHubと概要、およびサインアップの方法についてお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプロ向けGit・GitHubで技術同人誌を共同制作しよう!

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」の活動をより魅力的にすべく、メンバーの皆さんと技術同人誌を制作するプロジェクトをスタートしました。このシリーズでは、プロジェクトの概要や、ベースとなる技術情報をお伝えしていきます。
  1. 技術同人誌とそのメリット&ノンプロ的な作り方の手順について
  2. 【ノンプログラマー向け】Gitによるバージョン管理の超基礎知識
  3. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをインストールする方法
  4. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをの初期設定
  5. Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定
  6. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
  7. ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法
  8. 【ノンプログラマー向け】Gitでリモートリポジトリのクローンをする方法
  9. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitのコミットをして変更履歴を記録する方法
  10. Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法

タイトルとURLをコピーしました