ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法


box

photo credit: txmx 2 via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、ノンプログラマー向けにはじめてのGitHubと概要、およびサインアップの方法についてお伝えします。

GitHubのサインアップ方法についてお伝えしました。

さて、いよいよ今回から共同作業をイメージしたGit・GitHubの操作についてお伝えしていきます。

まずは、ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法をお伝えします。

では、行ってみましょう!

Git・GitHubの共同作業を学ぶための事前準備

実際に、作業を開始する前に準備があります。

というのも、ここから先は、書籍原稿の制作を題材に、「編集者」と「執筆者」の二役による共同作業をイメージしていきます。

それにあたって、ローカル環境とGitHubアカウントをそれぞれ2つずつ用意すると、それぞれの役割を実際に作業しながら経験できるので、理想的です。

一人二役で進めるのであれば、以下のように準備していただくとよいでしょう。

  • PCを2台用意する、またはユーザーアカウントを切り替えることでローカル環境を2つ用意する
  • メールアドレスを2つ用意して、それぞれでGitの設定、GitHubアカウントの作成をする

もし、一緒に学べる仲間がいるのであれば、その方と役割を分担して進めるのも良いと思います。

それぞれの担当分のGitのインストールと初期設定、GitHubアカウントの作成をしておいてください。

ちなみに、本シリーズでは、編集者は「ノンプロ君」

ノンプロ君アイコン

執筆者は「タカハシ」が担当します。

高橋宣成(タカハシノリアキ)プロフィール写真

作成すべきリポジトリについて

書籍執筆のプロジェクトでいうと、企画が通過したというところから進めていきましょう。

企画が通過したら、執筆をはじめるわけですが、その変更履歴を記録し、共有するために、いくつかのリポジトリを準備する必要があります。

基本的に執筆作業は、執筆者の役割になるので、執筆者側にローカルリポジトリが必要です。執筆者は、執筆した原稿の変更履歴をローカルリポジトリに記録していきます。

ある程度執筆したところで、適切なタイミングで編集者にレビューをしてもらう必要がありますので、GitHubに用意されたリモートリポジトリにプッシュするわけです。

編集者は、GitHub上でプッシュされた内容をチェックしてレビューをします。

また、編集者のほうも、ローカル環境にもローカルリポジトリを持っておきます。レビューだけであればGitHubにあるリモートリポジトリだけで作業も可能なのですが、作っておいたほうがスムーズです。

まとめると、リポジトリとしては、以下の3つを作成する必要があるということになります。

  • GitHubに共有・共同作業用のリモートリポジトリを作る
  • 編集者のローカル環境にローカルリポジトリを作る
  • 執筆者のローカル環境にローカルリポジトリを作る

これらを用意するパターンはさまざまあるのですが、今回は以下のような役割と手順で進めます。

  1. 編集者がGitHubでリモートリポジトリを作る
  2. 編集者がリモートリポジトリをコピーしてローカルリポジトリを作る(クローン)
  3. 編集者がリモートリポジトリに執筆者を招待する
  4. 執筆者がリモートリポジトリをコピーしてローカルリポジトリを作る(クローン)

GitHubでリモートリポジトリを作成する

では、編集者の視点で、GitHubでのリモートリポジトリの作成の方法を見ていきましょう。

GitHubにログイン、トップページに「Create repository」があるのでクリックします。

GitHubでCreate repository
続いて必要事項を入力していきます。

  1. Repository name: リポジトリ名
  2. Description: リポジトリの説明
  3. Public/Private: 公開するかどうか

今回は、Repository nameは「writing-test」、Descriptionはリポジトリの説明を入力します。

なお、リポジトリ名は、複数の単語をつなげるときにはハイフン「-」を使用するのが推奨されているようです。

誰もが閲覧・参加できるプロジェクトとしたいなら「Public」としますが、今回はコソコソ作業を進めたいので「Private」つまり非公開としました。

その他の設定はいったんそのままでOKですので、「Create repository」とします。

GitHubでリモートリポジトリを作成する

これで、リモートリポジトリが作成されます。

以下の画面がリモートリポジトリを開いた画面です。

GitHubで作成したリモートリポジトリ

ちょっと何をしたら良いかわからない感じですが、ひとまず画像のURLは次回「クローン」の作業で必要となりますので、コピーしてメモをしておいてください。

次回以降順次お伝えしていきます。

まとめ

以上、ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法についてお伝えしました。

次回は引き続き編集者のターンで、リモートリポジトリのクローンなどについてお伝えしていきます。

【ノンプログラマー向け】Gitでリモートリポジトリのクローンをする方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、ノンプログラマー向けにGitでリモートリポジトリのクローンをする方法について紹介します。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプロ向けGit・GitHubで技術同人誌を共同制作しよう!

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」の活動をより魅力的にすべく、メンバーの皆さんと技術同人誌を制作するプロジェクトをスタートしました。このシリーズでは、プロジェクトの概要や、ベースとなる技術情報をお伝えしていきます。
  1. 技術同人誌とそのメリット&ノンプロ的な作り方の手順について
  2. 【ノンプログラマー向け】Gitによるバージョン管理の超基礎知識
  3. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをインストールする方法
  4. Windowsノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitをの初期設定
  5. Macノンプログラマー向けバージョン管理ツールGitのインストールと初期設定
  6. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
  7. ノンプログラマー向けGitHubによるリモートリポジトリの作成の方法
  8. 【ノンプログラマー向け】Gitでリモートリポジトリのクローンをする方法
  9. 【ノンプログラマー向け】はじめてのGitのコミットをして変更履歴を記録する方法
  10. Gitではじめてプッシュをしてリモートリポジトリに変更履歴を反映する方法

タイトルとURLをコピーしました